マッサージチェアのおすすめ5選|家電専門ライターが厳選【自宅でかんたんケア】

【この記事のエキスパート】

家電製品・家電流通ライター:近藤克己(プラスワン・クリエイティブ)

家電製品・家電流通ライター:近藤克己(プラスワン・クリエイティブ)

家電業界専門誌の編集長を経て独立、家電製品専門のフリーペーパー「カデンプラス」を発行しながら、フリーランスのライターとしても活動中。日々、家電製品と格闘している。

家電量販店業界にも精通し、家電流通のウラのウラまで知り尽くしている。趣味はフォークギーター、アニメ、登山、ゴルフ。


家電専門ライターの近藤克己さんに聞いた、マッサージチェアの選び方とおすすめの商品を紹介します。マッサージチェアは、10万円ほどのものや高額なものなどさまざまな製品が販売されています。価格の開きは機能・性能に直結し、できるマッサージの種類も少ないものが多いです。しかしフラグシップモデルなら、座った人の体型に合わせてモミ玉を制御し、強さ、動き、重点的にケアする部位など、座る人の体・好みに合ったマッサージプログラムを作ることができます。本記事では、そんなフラグシップモデルのマッサージチェアを掲載。最後にショッピングサイトのランキングも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

マッサージチェアはどう選ぶ? 家電専門ライターに聞く

家電製品・家電流通ライターの近藤克己さんに、マッサージチェアを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

もっとも気になる部位へのアプローチをチェック

【エキスパートのコメント】

とくに、自分がもっとも気になる部位への当たり方、強さ、マッサージ方法、モミ玉やエアーバッグの動きをチェックしましょう。メーカーによって得意とする部位は異なります。

肩、腰、背中、腕、ふくらはぎ、足の裏など、自分がもっとも重点的にケアしたい部位に対してどんなアプローチをするマッサージチェアなのかを確認しましょう。やさしくもみほぐすのか、力強く指圧するのか、包み込むようにマッサージするのか、さすったりもんだりなど……。メーカーによってアプローチの方法はバラバラなので、自分に合ったモデルを選びましょう。

パナソニック『リアルプロ(EP-MA100)』:

出典:Amazon

力強いもみが特徴の、パナソニックのフラグシップモデル。164種類ものもみ技で全身をマッサージしてくれます。

置き場所によってモデルやタイプを選ぶ

【エキスパートのコメント】

フラグシップモデルは、足の部分も伸びてほぼフラットな体勢になり、この最大リクライニング時の奥行きは2mになるものもあります。最近のモデルは腕の部分にもエアーバッグを搭載しているため、横幅も1m近くになります。また、重量は70~100kgオーバーのものもあり、一度設置したら容易に動かすことができません。

そのため、置き場所は慎重に検討したいところ。リビングに置いてテレビを見ながら使いたい、でもリビングがそれほど広くないというのならば、フラグシップモデルには機能・性能面で劣りますがソファタイプのものを選びましょう。

フジ医療器『AS-695』:

出典:楽天市場

反転式のフットレスト、脚部分と肩部分が収納できるため、使わないときはソファとして置いておけるマッサージチェアです。限られたスペースでもできるリクライニングなどの機能も充実。

家電量販店などで実際に試して比較しよう

【エキスパートのコメント】

フラグシップモデルはどれも同じように見えて、実はメーカーによって機能・性能がまったく異なります。

家電量販店に行けばどのお店でもフラグシップモデルを置いており、自由に試すことができるので、気になるメーカー、モデルを座り比べてみましょう。モミ玉の強さ、深さ、可動範囲、動き方、感触のほか、自動メニューの内容と自由度、リモコンの操作性などをチェックします。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)