【スタイリストが選ぶ】レディース通勤バッグのおすすめ7選

【この記事のエキスパート】

スタイリスト:大沢 早苗

スタイリスト:大沢 早苗

広告関連のスタイリストに師事。その後、スタイリスト事務所勤務を経て独立。女性誌をはじめカタログ、書籍を中心に活動。Webマガジン『40's style | 40代からの real&positive ライフマガジン』にてパーソナルコーディネート企画の「おしゃれカウンセリング」を担当。

パーソナルカラーアナリスト、ストールコーディネーター、着付け、整理収納アドバイザー2級取得。

著書に『大人女子のためのワードローブ改革』(主婦と生活社)『大人のわたしに似合う服~ずっとおしゃれと言われる人が「必ず持っている服」「さよならした服」~』(大和書房)、監修書に『グレイヘアのおしゃれ着こなし入門』(朝日新聞出版)がある。


この記事では、スタイリストの大沢早苗さんに取材をして、レディース通勤バッグの選び方とおすすめ商品を紹介します。通勤に欠かせないバッグは、自分のビジネスシーンに合った使いやすいものを選ぶのが基本ですが、カラーや素材などで自分らしくトレンドを取り入れたいですよね。2WAYで使えたり、ファッションのポイントになったりするレディース通勤バッグを紹介しますので、ぜひ商品選びの参考にしてみてくださいね。

レディース通勤バッグを選ぶときのポイント|スタイリストはここをチェック!

スタイリストの大沢早苗さんに、レディース通勤バッグを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。選び方のコツを覚えて、購入の際にぜひ活用してみてください。

どんなシーンでも使えるのはシンプルデザインの2WAYバッグ

【エキスパートのコメント】

働きはじめたばかりの方は、買いやすい値段でシンプルなデザインのものがいいですよね。A4サイズの対応がされていて、書類や飲み物など、持ち歩くものが充分に入る大きさを選びましょう。

また、通勤バッグはついつい荷物が増えて重たくなってしまうので、ショルダーバッグとしても使える2WAYのトートバッグが便利です。どんなシーンにも対応できるでしょう。

LANVIN en Bleu『アンジュー 2wayトートバッグ(ピンク)』:

出典:Amazon

トートバッグとショルダーバッグとして使えます。A4サイズにもしっかり対応。

寒色系のカラーをポイントに使って

【エキスパートのコメント】

バッグを選ぶ際に悩むのが、色ですね。黒や紺、茶などはベーシックカラーでシーンを選ばず、またある程度の汚れであれば気にならないので人気です。しかし、おもしろみに欠けてしまうという側面も。

置かれている環境にもよりますが、仕事に慣れてきた方なら、遊び心を取り入れて個性のある色や柄を選んで通勤スタイルのポイントにしてみてもいいでしょう。青、緑、水色などの寒色系は派手すぎず、品よくまとまりますよ。暖色系であれば、フューシャピンクは子どもっぽくならない色味なのでおすすめです。

ビジネスシーンに合わせて選ぼう

【エキスパートのコメント】

内勤職、営業など、職種によっても選ぶバッグは変わってきます。人前でバッグを見られる機会が多い方は、きちんとしたクラス感のあるレザーやレザー風の素材のバッグがおすすめ。形もカチッとしたスクエアのフォルムのほうが、パソコンや書類を入れやすいです。

内勤などビジネスバッグにこだわらなくてもいい方は 形、サイズは自分が使いやすいタイプでいいでしょう。オンオフ両方使えるものを選ぶと、プライベートにも活用できます。

ただし、職場にもよりますが、コットン素材などカジュアルすぎるものやエコバッグのようなものは避けましょう。あくまでも仕事に行くので、柄物でもシックパイソン柄を選ぶなど、落ち着いたデザインを選ぶといいですね。

Pierrot(ピエロ)『ポーチ付き選べるショルダーバッグ』:

出典:楽天市場

大胆なパイソン柄がまわりからも注目を集めそう。マグネットの留め方で形を変えることができます。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)