IT&家電ライターが選ぶ! 5万円以下のノートパソコンおすすめ5選

【この記事のエキスパート】

IT&家電ライター:秋葉 けんた

IT&家電ライター:秋葉 けんた

編集プロダクション「マイカ」所属のIT&家電専門ライター。
スマホやパソコン、ストレージ、ネットワークなどIT全般のみならず、家電についての執筆実績が多い。書籍、雑誌、新聞、業界誌やWebコンテンツなど、様々な媒体に記事を提供している。
また、広告やカタログ、導入事例といったB2Bの営業支援ツール制作にも携わる。IT系、家電を中心にコンセントにささるいいモノをおすすめしていきます。

略歴
1973年生まれ。
高等学校の教職員勤務経験を経て、マイカに勤務。雑誌や専門誌のライターとして活躍する。
その後、IT流通の専門誌の記事制作を担当し、B2BからB2Cまで幅広い専門知識を獲得。
最近では、Webメディアやオウンドメディアのの編集企画制作も担当。

著書歴
・iCloud&iTunes超使いこなしガイド 2019最新版 (三才ムック)
・今すぐ使えるかんたん はじめる&使える MacBook入門(技術評論社)
・スマホの困ったを解決する本 (三才ムック)
・iPhone超活用ガイド (三才ムックvol.988)
・今すぐ使えるかんたんEx iPhone プロ技BESTセレクション(技術評論社)


5万円以下で購入できるノートパソコンの選び方をIT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説します。安価でも使い勝手やパフォーマンスに妥協したくない人は必見! あわせてDell、Lenovoなど複数のメーカーからおすすめの製品を5つ紹介しますので、こちらもぜひチェックしてくださいね。

【5万円以下】ノートパソコン選びのコツは? IT&家電ライターが解説

IT&家電ライターの秋葉けんたさんに、ノートパソコンを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

使用スタイルで画面のサイズと重さを決める

【エキスパートのコメント】

パソコンで重要な仕様はディスプレイ画面のサイズです。画面が大きければウィンドウをたくさん開いても邪魔になりませんが、それだけ重量も増え、ノート型では持ち運びが大変になります。

メールや文書作成、ウェブ検索などがメインの方は、画面の広さにあまりこだわる必要はありません。逆に持ち運びしやすよう、軽さやコンパクトさ、キーボード、バッテリーなどに注目して比較しましょう。

一方、画像処理や動画作成、Excelで複雑なマクロを組んだり、多数のソフトを同時に使用するような方は、重量よりも画面の広さを優先させるのがおすすめです。

ASUS『Chromebook Flip C101PA C101PA-OP1』:

出典:Amazon

10型画面、重量900gとコンパクトなモバイルPC。液晶パネルは360度回転させることが可能です。

ストレージやメモリの大きさで選ぶ

【エキスパートのコメント】

データを保存するストレージはHDD(ハードディスクドライブ)が一般的。大容量で安価なのですが、駆動部があるため衝撃に弱く、消費電力が大きいことが弱点。

一方、最近増えているSSD(ソリッドステートドライブ)やeMMCは半導体素子メモリに記録させるもの。読み書きの速度が速いうえに、衝撃に強く騒音がない、発熱や消費電力も少なくていいのですが、容量が少なく高価です。eMMCはSSDより小型ですが、購入後の交換が不可です。

メインメモリ(RAM)も大きいほどソフトや作業データを大量に読み込め、動作速度が速くなります。Officeやビジネス用途なら4GB、本格的な動画編集やゲームには8GB以上がおすすめです。

FRONTIER『FRT210P(/KD) 2in1 PC 着脱式キーボード搭載 Windows10 Pro』:

出典:楽天市場

タブレット or ノートPCと、2通りに楽しめる2in1パソコン。メモリは4GB、ストレージは64GBのeMMCを搭載しています。

マイクロソフトOfficeが搭載されているか?

【エキスパートのコメント】

本体の価格が5万円と安くても、ソフトをあれこれ購入していては結局高くついてしまいます。Windowsマシンではビジネス用はもちろん、プライベート用でもマイクロソフトOffice(オフィス)が搭載されているかも1つのポイント。

マイクロソフトOfficeには、文書作成のWord、表計算のExcel、メールソフトのOutlookの最低限3ソフトがパッケージされており、購入すればすぐに使うことができます。PowerPointなど他に必要なソフトもあれば確認しておきましょう。

Chrome OSはGoogleが設計したOSで、モバイルやクラウドの利用に強いのが特徴です。Officeアプリはありませんが、GoogleスプレッドシートやGoogleドキュメントを使えば問題ありません。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)