JBLのヘッドホン・イヤホンのおすすめ5選|オーディオ・ビジュアル評論家が厳選!

【この記事のエキスパート】

オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

ポータブルオーディオやホームオーディオなどのAV機器をメインに、専門誌やモノ誌、Web媒体などで幅広く活躍。

特にヘッドホン&イヤホンに関しては、年間300以上の製品を10年以上にわたって試聴し続けるなど、深い造詣を持つ。

また、TBSテレビ「開運音楽堂」やレインボータウンFM「かをる★のミュージックどん丼885」にレギュラー出演するなど、幅広いメディアでの活動を行っている。


オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんが選ぶJBLのヘッドホン・イヤホン5選をご紹介します。日本では高級オーディオ、高級スピーカーのイメージが強いJBLですが、本国アメリカではカジュアルな価格帯やサウンドキャラクターの商品も幅広くラインナップしていて、親しみのあるオーディオブランドとなっています。そのいっぽうで、劇場用スピーカーなどプロフェッショナル向け商品も得意としていることから、聴かせ方のツボを心得た良質なサウンド表現ももち合わせています。そこで、野村さんにJBLのヘッドホンやイヤホンの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

JBLのヘッドホン・イヤホンの選び方|オーディオ・ビジュアル評論家に聞く

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんに、JBLのヘッドホン・イヤホンを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。比較的廉価とはいえ、そこはやはりJBL。安い買い物ではありませんから、事前の情報収集をしっかりおこなって後悔のない買い物ができるようにしておいてください。

JBLヘッドホンは低価格モデルが狙い目

【エキスパートのコメント】

JBLブランドのイヤホン、ヘッドホンはスタンダードからハイクラスまで、幅広いラインナップをもち合わせていますが、こと「ヘッドホン」に関しては、もっともスタンダードな製品が要チェックとなっています。というのも、たしかに上位モデルに対してサウンドクオリティでは不利なところはありますが、はつらつとした歌声、躍動感に満ちた演奏など、大いに魅力あるサウンドを聴かせてくれるからです。

JBLヘッドホンがほしい、と考えている人は、まずスタンダードクラスの製品から音をチェックしてみましょう。

キーワードは「EVEREST」

【エキスパートのコメント】

音質や機能性を重視したモデルがほしい、という人におすすめしたいのが商品名に「EVEREST」をもつ商品です。こちら、JBL製の超高級スピーカーにもつけられているネーミングで、イヤホン/ヘッドホン商品も同様に、上級モデルにつけられています。

音質にこだわりたい人であれば、「EVEREST」の名をもつ商品をまずは聴いてみましょう。

JBL(ジェイビーエル)『EVEREST 110GA』:

出典:Amazon

安定した品質の「EVEREST」シリーズのイヤホン。防水性能やマルチポイント接続機能で安心と便利さを提供してくれるコストパフォーマンスの高いモデル。

機能性は利用するシチュエーションによって取捨選択

【エキスパートのコメント】

完全ワイヤレスイヤホンからノイズキャンセリングヘッドホン、スポーツモデルまで、JBL製イヤホン/ヘッドホンは多彩なラインナップが用意されています。自分がどういったシチュエーションで利用したいかに配慮しつつ、機能性や好みに応じて商品を選びましょう。

たとえば電車内などでのリスニングがメインの人には、完全ワイヤレスイヤホンがベストの人もいるでしょうが、ノイズキャンセリング機能を優先したい、という人もいるでしょう。そのあたりはユーザーのお好み次第。デザインや装着感で選ぶのもひとつの手です。

JBL(ジェイビーエル)『Free X』:

出典:Amazon

左右のイヤホンが独立した完全ワイヤレスイヤホン。ケーブルがいっさいないため、ケーブルをどこかにひっかけてイヤホンが耳から外れたり、ケーブルを断線させてしまったりということがない。

どの商品を選んでも満足できる安定感

【エキスパートのコメント】

現在のJBL製イヤホン/ヘッドホンは、Bluetoothワイヤレスモデルをメインに幅広いラインナップを用意しています。また、商品の価格帯も1万円前後が多く、音質面でのコストパフォーマンスも良好と、文句のないラインナップが取り揃えられています。そのため、どの価格帯の商品、どの機能性を持つ商品を選んでも、充分に満足できるようになっています。ことJBL商品については、機能性や予算を重視してチョイスしても大丈夫です。

ただし、上位モデルになればなるほど音質はよくなっていきますので、商品選びの際にはぜひ試聴していただき、どの商品の音が一番のお気に入りになるか、チェックすることをおすすめします。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)