映画「アイネクライネナハトムジーク」のメインビジュアル (C)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

 映画「アイネクライネナハトムジーク」(今泉力哉監督)が、9月20日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開される。原作は伊坂幸太郎さんの連作短編集。男女が出会い、時にすれ違うドラマを、仙台を舞台に描いた恋愛群像劇。三浦春馬さんと多部未華子さんらが共演している。原作完成までに伊坂さんと影響を与え合ったミュージシャンの斉藤和義さんが音楽を担当。斉藤さんは主題歌「小さな夜」も書き下ろした。

 マーケティングリサーチ会社で働く佐藤(三浦さん)は、仙台駅前で街頭アンケートをとっていた。誰も立ち止まってくれない中、本間紗季(多部さん)が答えてくれた。2人は付き合うようになり、10年後に佐藤は紗季にプロポーズをするが……。

 三浦さんと多部さんは、「君に届け」(2010年)など3度目の共演。佐藤の親友で良きアドバイザーの織田一真役に矢本悠馬さん。その妻、由美役には森絵梨佳さん。そのほか、妻子に逃げられてしまった佐藤の上司、藤間役に原田泰造さん、由美の友人の美奈子役に貫地谷しほりさんが扮(ふん)し、それぞれが愛すべき人に真摯(しんし)に向き合う。恒松祐里さん、萩原利久さん、八木優希さんらフレッシュな顔ぶれも印象を残している。

 仙台駅前の大型ビジョンにはボクシングの試合が流されている。真面目そうな男、佐藤と、気立ての良さそうな紗季の出会いの瞬間から、心が温かくなり、応援したくなる。偶然の出会いから、時を重ねることで変化していく愛の形や人間関係。長過ぎた春を過ごしてしまった男女を、三浦さんと多部さんが自然な雰囲気を作りながら、息の合った芝居で見せる。年齢や立場の違う男女数組が登場し、それぞれの事情が細やかに描き込まれる。普通の人々が真面目に頑張っている日常を眺める視線が温かい。

 原作は、斉藤さんが「出会い」をテーマにした曲の歌詞を伊坂さんに依頼したことがきっかけとなって生まれたという。今泉監督の「こっぴどい猫」(2012年)を見た伊坂さんが同監督にオファーした。原作では独特の立ち位置だった「斉藤さん」は、ストリートミュージシャンの設定になっている。フォークシンガーのこだまたいちさんが扮(ふん)し、主題歌を弾き語りするシーンもある。(キョーコ/フリーライター)