ミニ60周年を祝い集まった60台がグッドウッドで激戦を繰り広げる!

ベティ・リッチモンド・トロフィーを巡るレースでは、グッドウッドならではの流儀でミニの60周年が祝された。

各ピットにあふれかえる関係者、そしてコーデュロイの服を着た人々。細部にいたるまで驚くほどにレベルの高いメカニック達は一様に気難しそうな表情を浮かべている。ミニのボンネットの下には手を加える余地がほとんどないのだが、そんなミニが何十台も並び、出走間際の最終調整に細心の努力が払われる。

すべての写真を見る
 
ピットに並ぶミニのオーナーの中でも、ドライバーとしてレースに参加しない人々は、かつて「スマート・カジュアル」と謳われた装いに身をつつんでいる。彼らも眉を寄せ、もどかしそうな表情を浮かべる。一方で、世代も体形もさまざまなドライバーたちは、真剣に集中力を高めている。人によっては、出走前のマシンの調子を狂わせないように、ステアリングを握ることにすら慎重になっているようだ。
 
ようこそ、ベティ・リッチモンド・トロフィー・コンテスト開始前の、熱気あふれる舞台裏へ。このレースは第77回グッドウッド・メンバーズ・ミーティングで開催された催しの一環だ。会場では、昨今ヒストリックカーとしても扱われるLMP1クラスの主力マシンや、NASCARのストックカーなどのデモンストレーションに加え、多彩なマシンが勢ぞろいした様々なレースが開催されている。中でも、ミニに焦点を当てたのがこのコンテストだ。



エントリー・リストを占めたミニの数も圧倒的だという。グッドウッドの現当主はゴードン公爵位もあわせ持つリッチモンド公爵だが、彼の胸中に各去来したのは、グッドウッドの地所を愛車で小気味よく飛ばしていた祖母君の思い出だろうか。彼女が愛用していたという明るいレッドのオースチン・セブンのヴァリアントは、1959年に発売されたばかりの初代モデルのひとつだった。

それとも公爵は、このレースを通して、祖母君の栄誉や、英国で広く愛され英国車のアイコンとも呼べるミニを称えようと心に決めていたのだろうか。あるいは、そうした想いがすべて詰まっていたのかもしれない。
 
ミニの60周年を祝して、会場には60台の素晴らしいミニが集まった。参加車両はどれもFIAの付則K項にあわせて仕立てられ、1293ccエンジンが搭載されている。土曜の午後に予選レースが2回行われ、各レースの上位15台が日曜の決勝レースに進む流れだ。練習走行で首位に立ったのはニック・パドモアだった。「モダン」時代の圧倒的なラップ・レコードをローラT70でたたき出した経歴を持つ彼は、今回は130bhpのクーパーSを操り、平均92.54mph(約149km/h)で1分32.580秒を記録した。


リッチモンド公爵の芝生を"刈る" パトリック・ワッツ。

しかし、彼が参加するのは第2予選だ。第1予選グループの練習走行では、著名なミニ使いであるイアン・カーリーが、このサーキットは初走行でありながら、ニック・パドモアのラップを僅差で下回るにとどまり、第一予選グループのトップを収めた。さらにイアン・カーリーからわずか0.442秒ほどの差でアストンマーティンのエースであるダレン・ターナーが、そしてドイツ・ツーリングカー選手権の優勝者であるトム・ブロンクビスト、クリス・ミドルハースト、ビル・ソリスらが続いた。


 
ミニの一群はその後、サイティング・ラップにむけてコースに向かう前に、ステージ・エリアへと移動した。ずらりと並ぶ顔ぶれに、「このレースは一筋縄ではいかなそうだ」と会場の期待が高まる。満を持して第1予選スタートのフラッグが振り下ろされると、イアン・カーリーがダレン・ターナーやトム・ブロンクビストらを抑えてトップに躍り出た。

続いて2位を競り合っていたビル・ソリスがトム・ブロンクビストに接触してしまう。緊張が走る中、かのスティグ・ブロンクビストを父に持つトムは、WRCチャンピオン、マジウィック・コーナーで車体をコース外に向け、奇跡的に危機を回避。しかし順位は6位に下がる。一方、ビル・ソリスは体制を立て直したものの、新世代を切り開く若手のベン・ハットンとの競り合いからセント・メアリズ・コーナーでタイヤ壁へと突進し、レース続行は叶わなかった。
 
首位を保つイアン・カーリーは後続を引き離す。2位に続くのは第3世代レーシングドライバーであるクリス・ミドルハーストだが、ベン・ハットンもこのポジションの競り合いに挑む。元ジネッタのドライバーであるベン・ハットンは、セント・メアリズ・コーナーの左方面へのカーブ地点に向けて遅まきながら突進をしかけた。しかし、アドバース・キャンバー状のコーナーでコースの縁にぶつかり、二輪走行状態に。スネッタートン・スピード・ショップでエントリーしていたクリス・ミドルハーストの車体が、ライバルであるベン・ハットンの横転を防いだものの、このトラブルからリアサブフレームにトラブルを抱え、リタイアに追い込まれた。



同様にリタイアしたベン・ハットンは、後にドライビング・スタンダード・オフィサーのマーティン・ドネリーから事情聴取を受けることになった。イアン・カーリーは首位でホームに入り、0.78 秒差でラース・エコーネスも印象深いフィニッシュを飾った。グッドウッドは初めてだったトム・ブロンクビストはその後の応戦で3位を、そしてダレン・ターナーが4位を収めた。イアン・カーリーはレース後に、「素晴らしいスタートを切れたので、そのまま運転に集中した。初勝利は心から嬉しい」と語っている。
 
第2予選では、ニック・パドモアとニック・スウィフトの間で接戦が繰り広げられた。フィールド上の様々な白熱バトルの中でも、観衆の注目を集めたのはトップを競う二人のニックだ。友人同士でもある二人は、スタート直後から抜きつ抜かれつ競い合って首位争いを進めながら、「出場者の中で一番年長で、一番太った男」と自称するジョナサン・ルイスを引き離す。最終周では、ラヴァント・ストレートの直進コースでニック・パドモアがトップを走っていたものの、ウッドコート・コーナーでわずかに遅れをとり、ニック・スウィフトが首位をかすめ取る結果となった。

続いて、ジョナサン・ルイスが12秒遅れて3位を収めた。4位は、元ミニ・セブンのチャンピオンで、BTTC(イギリスツーリングカー選手権)のスターでもあるパトリック・ワッツだ。


 
いよいよ日曜日となり、決勝戦に進出した29台が集結した。経験豊富なニック・スウィフトの優勝が予想されたものの、スタート時にホイールスピンに見舞われ、ポール・ポジションではイアン・カーリーがわずかにリードして第1ラップの火蓋が切られた。動きを見せたのはニック・パドモアだ。首位に躍り出たニック・スウィフトを追う一陣の中で、ニック・パドモアがイアン・カーリーの背後につける。ジョナサン・ルイスも首位争いに加わり、トップ陣の4台は他を引き離した。

2度目にシケインに到達するころには、イアン・カーリーは順位を落とし、首位をリードするのはニック・スウィフト、2位にニック・パドモア、3位にジョナサン・ルイスが続いた。その後ニック・スウィフトとニック・パドモアは1位と2位の争奪を繰り返し、背後にはジョナサン・ルイスとイアン・カーリーの競り合いが続く。ウッドコート・コーナーでは、ニック・スウィフトが複数回にわたりニック・パドモアを追い越したものの、ニック・パドモアはその度に首位を取り戻す。


優勝者ニック・スウィフト。左右はニック・パドモアとジョナサン・ルイス。
 
最終周のラヴァント・ストレートでは、ニック・パドモアの勝利が決まりかけたかのように見えたが、ゴール・フラッグ目前の最終コーナーで、ニック・パドモアはコースの縁を大きく超えて芝生を走るまでにドリフトアウトしてしまった。ニック・スウィフトはこの機を逃さずに瀬戸際で勝利をつかみとり、ニック・パドモアは2 位でゴールイン。僅差でジョナサン・ルイスとイアン・カーリーがゴールした。首位グループ4人の差はわずか1.2秒だ。その後5位にダレン・ターナー、6位にラース・エコーネスが続いた。
 
見事なレースにふさわしい熱狂的なフィニッシュとともに、60周年を経てもなお愛され続けるミニを印象づける最良の機会となったことは、言うまでもないだろう。