シトロエン100周年 日本独自イベントへ潜入│車好きでなくても楽しめる!

本日より、赤坂アークヒルズ カラヤン広場にてシトロエン100周年を記念する日本独自イベント「シトロエン・センテナリー・ギャザリング」がスタート。普段はなかなか目にかかる機会の少ないクラシックシトロエン展示から新車試乗、フランスから輸入されてきたオフィシャルグッズや、オートモビリアをゲットできるチャンスでもある。



クラシック展示車の先頭を務めるのは、関東某所で発見されたType C(5HP)。所有していた人物が自作でパーツを製作しながらレストアを施していったそうだ。フェンダーやステアリングも手作り。オリジナル性に欠ける車両ではあるが、宣教師が第二次世界大戦時に持ち込んだなどの歴史を持っていることから、価値があるものとして展示されている。




隣に並ぶのは、1952年 トラクシオンアヴァン 11B L。雑誌の買い手探しコーナーにて載っているのを発見し、スコットランドのオーナーから購入した1台。現オーナーがスコットランドへ赴いた際に元オーナーに会ってみたら、その昔ショパンが長く宿泊していた城のオーナーだったそう。




こちらは1955年 2CV AZ。1985年にフランスからイギリスへ。そこで1988年にフルレストアを終え、翌年には「2cv world meeting」の「1962年以前の部」で優勝している。現オーナーの元へは1993年に渡ってきた。なるべく良い状態のまま保存していき、次のオーナーへ引き継いでいきたいという。




現オーナーが社会人1年目に新車で購入したという1990年 2CV/6 スぺシアル。以来、29年間を共にしてきており、日本中を巡って13万kmを刻んでいる。シートやルーフは交換しているが、他の箇所についてはほぼオリジナルを保っているそう。




朱色のDS21はひときわ目を引く存在に。来場者の中には、「大学時代に友人が乗っていてすごい目立っていた」という声も。 現オーナーは27年目の所有となる。英国仕様のため、本当にグレードは分からないがパラスだと想定されている。福井県でのイベントにも自走で参加しているという、タフなDSである。




DSが持つ、宇宙船のような独特さとは異なる不思議な雰囲気を放つのがこのアミ。2CVとDSの格差を埋めるために生まれたモデル。このAMI 8のオーナーはアミ特有のフェイスを気に入ってるとのこと。2015年にベルギーより輸入した車両。





DSと良い勝負で、人目を集めていたのがSMである。1975年SMのオーナーは、はじめて購入した車がSMであったそう。それからというものシトロエンの世界にのめり込んでいき、現在所有する車はすべてシトロエンという根っからのエンスージアストだ。ボディカラーは見る角度にもよるが、深いグリーン。




こちらはロータリーエンジン搭載のGS ビロトール。1995年ごろに、フランスでぼろぼろになっていたこのビロトールを現オーナーが発見したという。ロータリーエンジンが無事だったため、日本に持ち帰り自分の手でレストアを施していき実働可能までに。機械いじりが好きなこともあり、GSビロトールは最高におもしろい1台だと話す。




現在、このCX 25GTIを所有するオーナーの父親はBXを3台乗り継いでいたという。CXを2002年に引き継いだときの走行距離は9万9106kmであったが、今は21万8907kmを刻んでいる。できる限り、オリジナルを維持することを心がけており、普段も買い物ヘ行く1台として使用しているそうだ。




こちらのBX 16TRSのオーナーもCXオーナーと同様に、BXブレークに乗っていた父親の影響があり、シトロエン好きになったとのこと。その乗り心地やデザインが忘れられずに、はじめての愛車として購入したのがこのBXであった。7年間で12万km以上を刻んでいるツワモノだ。まったく飽きを感じず、これからもずっと乗っていきたいという。




前期XMと後期Xmで合計15台ほど乗り継いできたというこちらのXM エクスクルーシブのオーナーは、シトロエンがむくっと起き上がるような光景をイギリスではじめて見たそうだ。帰国してすぐにBXを購入し、シトロエンだけでいえば30台を超えて乗り継いできた。今でも、DS、2CV、C6などのモデルを所有している。




1997年式のエグザンティア SXは正規輸入としては最後の左ハンドルとなる。現オーナーは以前、BXに乗っていたが翌年から左ハンドルモデルは在庫限りになると聞いてSXを購入するに至る。以来、ずっと気に入って10万km以上を刻んできている。




現在、このC6を所有するオーナーは1999年のコンセプトカー「C6リナージュ」を祖としたそのデザインと乗り心地に心酔し、2台目のC6となるという。個性的なエクステリアカラーは「サーブル・ドゥ・ラングリュヌ」、インテリアは「ワディビス」の組み合わせで最も気に入っているそうだ。




C4カクタスのオーナーは、プジョー308の購入を検討していら、このC4カクタスが残っていたために購入。長距離ドライブや山道でのハンドリングが予想以上で満足しているとのこと。平均燃費は15km/リッター。板チョコのようなエアバンブもキュートである。





展示車の他にも、アンティークシトロエンアイテムも手に入る代官山蔦屋書店のブックストアも。





フランスならではのシトロエン100周年記念グッズショップでのショッピングも楽しむことができる。21日よりは、現行4モデルの試乗会も実施。






初秋を感じる夜風を浴びながらの、映画上映会もおススメだ。都心からもアクセスしやすいため、少し気分転換にもちょうどいいかもしれない。


シトロエン・センテナリー・ギャザリング
開催期間: 9月17日(火)~20日(金)10:00~20:00、21日(土)~23日(月・祝)10:00~17:00 
※歴代モデル13台の展示は21日(土)22日(日)の両日に関しては「ヒルズマルシェ」および「赤坂蚤の市 in ARK HILLS」開催のためお休み
※試乗(21日~23日のみ開催)は17:00まで
映画上映タイトル:
17日(火)『ベンジャミンバトン 数奇な人生』(上映時間:165分 17:30~20:15)
18日(水)『ガダカ』(上映時間:106分 18:00~19:45)
19日(木)『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』(上映時間:107分 18:00~19:45)
20日 (金)『ジャッカルの日』(上映時間:145分 17:30~20:00)を予定。
「モーニングクルーズスペシャル~シトロエン~」 7月23日(月・祝)7:30~
パレードラン  9月23日(月・祝)9:30~10:30
イベントメイン会場:アークヒルズ アーク・カラヤン広場 東京都港区赤坂1-12-32                       
パレードランスタート会場:代官山 蔦屋書店駐車場 東京都渋谷区猿楽町17-5
事務局連絡先:03-5790-9035(株式会社SHIRO内)
イベントURL:www.citroen.jp/centenary_gathering/