NHKの連続テレビ小説「なつぞら」第146回になつの母として登場した戸田菜穂さん (C)NHK

 女優の広瀬すずさんが主演を務めるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」の第146回が9月17日に放送され、ヒロイン・なつ(広瀬さん)ら兄妹の母を戸田菜穂さんが演じていることが明らかにされた。

 戸田さんは1993年度前期の朝ドラ「ええにょぼ」のヒロインとして知られる。またこの日は、語り(ナレーション)となつの父を担当してきたお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんが本編に登場。なつの記憶の中、映ったのは後ろ姿のみだったものの、戸田さんとの夫婦ツーショットが実現し、ツイッターでは「ウッチャン」「戸田菜穂さん」がトレンド入りを果たした。

 ドラマでは、なつのほか、兄の咲太郎(岡田将生さん)、妹の千遥(清原果耶さん)の三兄妹の“美形ぶり”がたびたび話題になっていたが、SNS上では「美形兄妹もお母さんが戸田菜穂さんなら納得」「美形兄妹になるはずだよ、お母さん戸田菜穂さんだもの」といった意見のほか、「ウッチャンも普通にイケメンだよね?」「ウッチャンも充分美形やん!」「お母さん似なのね。いや、ウッチャンもすてきよ」などの声も上がっていた。

 「なつぞら」は、100作目の朝ドラで、脚本家の大森寿美男さんのオリジナル作。戦後、北海道・十勝地方に移り住み、移民1世の柴田泰樹から開拓者精神を学んだなつは、高校卒業後に上京。当時「漫画映画」と呼ばれ、草創期を迎えていたアニメ業界に飛び込む。画家志望の友人・山田天陽に手ほどきを受けたデッサンの腕前を生かし、自然の中での生活で磨かれたみずみずしい感性を発揮していく。