Q-MHzが主題歌! アニメ『バビロン』追加キャストに置鮎龍太郎ら、PV第2弾も公開!

熱狂的な支持を得ている、野﨑まどによる”読む劇薬”『バビロン』(講談社タイガ刊)のアニメが、2019年10月よりTOKYO MX・BS11にてスタートする。既に発表された、中村悠⼀、櫻井孝宏、⼩野賢章、M・A・O、堀内賢雄に引き続き、新たに3⼈のキャラクター&キャストに興津和幸、宝亀克寿、置鮎龍太郎の出演が発表された。

『バビロン』は東京地検特捜部検事・正崎善(CV:中村悠⼀)は、製薬会社の不正事件を追ううちに巨大な陰謀の存在に気づき、次第に大きな事件へと誘われていく物語。
正崎の親友である半⽥有吉役を興津和幸、本作の舞台となる新域に関わる政治家・野丸⿓⼀郎役を宝⻲克寿、齋 開化役を置鮎⿓太郎が演じる。

本作は第1章「⼀滴の毒」、第2章「選ばれた死」、第3章「曲がる世界」の3つの章で語られる。その主題歌3曲を、畑亜貴、⽥代智⼀、⿊須克彦、⽥淵智也による最強プロデュースチーム「Q-MHz」が書き下ろし制作することも決定した。

第1章「⼀滴の毒」の主題歌が、Q-MHzfeat. uloco.による「Live and let die」に決定。疾⾛感のある楽曲と、⽣きることの可能性を探し求めるような歌詞は、正しく本作の主⼈公たちが歩む物語に相応しい楽曲となっている。

さらに、本⽇より本主題歌が、放送に先駆けて聴けるアニメ「バビロン」最新プロモーションビデオがYouTubeで公開された。
本PVでは、主⼈公・正崎善と、公開されたキービジュアルに⾒え隠れする⼥との絡みの⽚鱗を見ることができ、「Q-MHz feat. uloco.」の楽曲とともに楽しめる映像となっている。

(C)野﨑まど・講談社/ツインエンジン