病気やけがをしたペットの看護や、ペットの健康管理のサポートをする「動物看護師」。獣医師の指示のもとペットの治療のサポートから事務仕事まで幅広い業務をこなす、動物病院になくてはならない存在です。今回はクロス動物医療センター葛西の阿片俊介さん、横田静葉さんのお二人に、動物看護師のお仕事内容や魅力などを伺いました。

■動物看護師は、獣医師と飼い主様との橋渡し役

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
阿片:動物看護師の仕事内容はとても幅広いです。入院やペットホテルに滞在しているペットのお世話・受付・飼い主様への問診・ペットの保定(*)・超音波などの検査・手術の器具出しや麻酔管理・薬の調剤・院内の掃除などを行います。また、子犬のしつけ教室や歯みがき教室での指導も行っています。

横田:動物看護師は、獣医師のサポート役でありながら、獣医師と飼い主様との橋渡し役でもあります。例えば、診察前にペットの症状を伺う「問診」の際には、飼い主様が何を一番求めていらっしゃるのかをまず動物看護師である私達が整理します。その段階で獣医師に引き継ぐことにより、スムーズに診療が行えるようになります。

<一日のスケジュール>
08:30 出勤、朝礼
入院・ペットホテル滞在の動物の世話
09:00 診察開始
受付業務や問診、ペットの保定、検査、手術の器具出しや麻酔管理、調剤など
12:00 休憩
16:00 診察再開
20:00 診察終了
入院・ペットホテル滞在の動物の世話
20:30 帰宅
 
*保定:ペットが診察や治療を受ける際、動かないように抱くこと

 
Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
阿片:治療に関わったペット達が少しずつ良くなっていき、元気に退院していくのを見られることが一番です。また、飼い主様が「あなたがいると安心だから」と私がいる日を選んで来てくださると、大きなやりがいを感じます。

横田:飼い主様とお話するのも楽しいですし、ペットが元気になり、飼い主様が笑顔でお帰りになるのを見ると「動物看護師って良い仕事だな」と感じます。病院に来るペットはもちろん飼い主様も不安を感じて来院される方がほとんどなので、飼い主様の心のケアも大切にしていきたいと思っています。

Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?
 
横田:大変でもあり大切でもあるのは、病院内の人間関係、そして飼い主様との関係ですね。積極的にコミュニケーションをとり、信頼関係を築きあげていくことが大切です。

まず病院内では、チームワークの良しあしがペットの命にまで関わります。入院中のペットの体調管理もスタッフ全員で情報を共有し、連携をとらなければなりませんし、急患のときも状態をすぐに確認して、素早く獣医師に伝える必要があります。

阿片:飼い主様とは、なんでも気軽に相談していただける関係性を作ることが欠かせません。飼い主様は獣医師には聞きにくいこともあるので、診察前後のちょっとした会話を通じて、お悩みをさり気なく引き出していくのも私達の仕事です。

動物看護師は、動物が好きな気持ちだけでは務まりません。厳しいことをあえてお伝えすると、拘束時間も長いですし、動物の命に関わる仕事なので知識も必要です。本当に動物看護師の仕事が楽しいと思えないと続かない職業かもしれません。

■動物に携わる仕事に就きたかった

Q4. どのようなきっかけ・経緯でその仕事に就きましたか?
 
阿片:もともと動物が大好きだったので獣医大学の看護学科へ進学しました。最初は明確な目標がありませんでしたが、大学で病気のペット達を見ていくうちに「この子達の力になりたい」と強く考えるようになりました。卒業後は動物看護師として2年ほど、動物用医薬品の営業として3年半働きました。その営業先で今の病院の獣医師と出会い、再度動物看護師として、クロス動物医療センター葛西で働いています。

横田:ペットに囲まれて育ってきたこともあり、大好きな動物に関わる仕事に就きたいとずっと思っていました。そこで動物専門学校の看護学科に進学したのですが、当初は動物看護師以外の道も考えていました。しかし在学中、飼い犬が病気になり病院へ行ったときに、そこの看護師さんに励まして勇気づけていただき、「私も飼い主様を励ましたい」と思い、動物看護師になろうと決めました。


Q5. 大学・専門学校では何を学びましたか?
 
阿片:私が通っていた大学は獣医学科もあったので、看護学科でもより獣医師に近いレベルで獣医学を学べました。3年次からは「臨床」の研究室に所属したこともあり、基礎知識はもちろん、実践的・専門的な知識まで幅広く身に付けられました。

横田:私は専門学校で、動物看護師に必要な知識に加えて、「動物理学療法」つまり高齢のペットの介護・リハビリなどについても学びました。アメリカへ短期留学をして、リハビリ施設なども見学させてもらいました。
 

Q6. 高校生のときの経験が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
阿片:高校時代は、飲食店でアルバイトをしていました。そこでさまざまなお客様に接客をした経験が役立っていると感じています。やはり動物看護師は、コミュニケーション力が必要です。飼い主様を最初にお迎えするのも最後にお見送りするのも、私達ですからね。

横田:私は海外に興味があったので、国際系の高校で英語学習に力を入れていました。そして、社会人になった今でも英会話教室に通っています。英語を通じて「好きなことを継続する力」を培えたからこそ、今も動物看護師という好きな仕事を続けられているのかもしれません。

■動物看護士は「動物」「人」「医療」「勉強」が好きな人が向いている

Q7. どういう人がこの仕事に向いていると思いますか?
 
阿片:動物好きであるのはもちろん、医療にも興味を持てる人です。ペット達の中には、どんなに手を尽くしても亡くなってしまう子もいます。しかし、動物看護師はそれ悲しむのではなく「どうしたら治せるか」を考えなければなりません。医療従事者としての責任感と自覚をもてるかどうかが、大切だと思います。

横田:あとは、人が好きで相手の気持ちを察したり話を引き出したりできる人。そして勉強熱心な人ですね。日々知識と技術に磨きをかけていく必要がありますから。

 
Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。
 
阿片:動物看護師を目指している人は、どのような動物看護師になりたいのかを今から具体的にイメージしてみてください。理想の動物看護師像を描ければ、それに向けて自分が何を学ぶべきかが見えてきます。そしてその理想は、働き始めた後にぶつかる壁や困難を乗り越えるための力にもなるはずです。

横田:動物看護師になりたい人は、お客様と密に関われるアルバイトをするのもおすすめです。そこで培えるスキルは、飼い主様のお悩みを引き出す力にそのままつながります。また、チームワークを大切にしてください。部活でも学園祭でも、何かをチームで成し遂げた経験は動物看護師の仕事で必ず役立ちます。
 
 

家族のように大切に育てられているペット。人とペットが健康で幸せに暮らすには、双方を親身にサポートする動物看護師の存在が必要です。動物好きな人はもちろん、人の気持ちに寄り添う仕事がしたいという人にも、やりがいのある仕事のようです。
 
【profile】クロス動物医療センター葛西 阿片俊介(主任)、横田静葉