乃木坂46 齋藤飛鳥、堀未央奈ら東京ゲームショウにサプライズ登場、ファンの前で“生告白”も

乃木坂46の齋藤飛鳥、堀未央奈、遠藤さくら、賀喜遥香、筒井あやめが15日(日)、東京ゲームショウ2019にサプライズ登場した。
9月14日(土)15日(日)の2日間、幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2019。今年は乃木坂46公式スマホゲーム「乃木恋」が初出展し、ブースでは、アプリ内で着用の制服、アプリ限定特典グッズ、貴重な写真、メンバーからのメッセージなどが多数公開されていた。

最終日となる15日(日)には、齋藤飛鳥、堀未央奈、遠藤さくら、賀喜遥香、筒井あやめのメンバー5名が乃木恋ブースにサプライズ登場した。

混雑する会場の中をかき分けながらようやくブースにたどり着いた5人は、展示してあるそれぞれの等身大パネルにその場でサインを入れてパネル前で記念撮影。まさかのメンバー登場に会場内のいたる所から歓声があがり、周囲にいたファンにとって嬉しいサプライズとなった。

その後、15時からのイベントステージでは「乃木恋スペシャルトークイベント」が開催され、5人が登場。トークイベントではメンバーが乃木恋の特徴や魅力などについて解説し、これまでに乃木恋内で制作してきたショートドラマについてや、アプリ内のイベントで選ばれた、メンバーそれぞれの彼氏ユーザーたちを招待する「リアルイベント」の貴重な映像やエピソードも公開された。

寝ることが好きな齋藤飛鳥は集まった彼氏たちに自分が寝る所を見せたいとベットを持ち込んで彼氏ユーザー100人の前で寝たという驚きのイベント内容を告白。

トークイベント後半では、齋藤飛鳥、堀未央奈など先輩メンバーたちが過去のライブ内で披露してきた「乃木恋リアル」という、多くのファンの前で実際の告白シーンの演技を披露する企画を、4期生メンバー遠藤さくらが サプライズで初挑戦。集まった多くのファンにとって盛りだくさんの充実の内容となった。