映画「惡の華」の直前試写イベントにスペシャルゲストとして登場した玉城ティナさん

 モデルで女優の玉城ティナさんが9月15日、東京都内で行われた映画「惡の華」(井口昇監督、27日公開)の直前試写イベントにスペシャルゲストとして登場。同作は押見修造さんの異色マンガが原作で、「クソムシが」などという言葉を吐き問題児の仲村佐和を演じた玉城さんは「強烈なキャラをやれてうれしく思います。もし、ほかの方が演じていたら嫉妬したと思う。そういうふうに思える作品に出合えてよかったです。見たことがない邦画(作品)になった」と自信をのぞかせた。

 玉城さんは「マンガの仲村さんのイメージがあって、私が演じることで実写ならではのプラスになればいいなと思っていた。プレッシャーというより、どうやって新しい仲村さんを作れるかなって考えていました」と語った。

 イベントには玉城さんのほか、原作の押見さん、井口監督も出席。映画を見たという押見さんは、仲村さんを演じた玉城さんについて「恋をしました」「(原作と)全くズレがありませんでした。というより、マンガの方がだめじゃんと思ったぐらい」と、玉城さんが創り上げた仲村さんを絶賛した。

 玉城さんは、主演映画「地獄少女」(白石晃士監督、11月15日公開)で地獄少女・閻魔(えんま)あいを演じることも引き合いに出しながら、「普通の役もやれるんですよ」と語り、苦笑いも見せていた。イベントの司会は映画評論家の町山智浩さんが務めた。

 「惡の華」は伊藤健太郎さんが主演。ボードレールの詩集「惡の華」を心のよりどころに、息苦しい毎日をやり過ごす春日高男(伊藤さん)が、放課後の教室で憧れのクラスメート、佐伯奈々子(秋田汐梨さん)の体操着を見つけ、つかみ取ったままその場を離れる。やがて春日は、その一部始終を見ていた佐和から、それを秘密にする代わりに、ある“契約”を持ちかけられるというストーリー。