連続ドラマ「凪のお暇」第9話の場面写真 =TBS提供

 女優の黒木華さんが主演を務める連続ドラマ「凪のお暇(なぎのおいとま)」(TBS系、金曜午後10時)の第9話が9月13日に放送された。“メンヘラ製造機”だったゴン(中村倫也さん)が、主人公・凪(黒木さん)に告白するピュアなシーンが放送され、SNSでは「こんな告白されたい」「最高にドキドキしました」と悶絶(もんぜつ)する視聴者が急増した。

 第9話は、凪が元カレ・慎二(高橋一生さん)と商店街を歩いていると、ゴンが現れ、「俺、凪ちゃんのことが好き! めちゃくちゃ好き!! だけど、告白ってどうやってやったらいいか分からなくて、回収してきた」と、これまで女性に渡していた19個の合鍵を道ばたに捨てる。続けて「これから凪ちゃんだけを見続ける。凪ちゃんだけに優しくなる。凪ちゃんだけの“ちぎりパン”になる。凪ちゃんだけ好きでいる。凪ちゃん、俺と付き合ってください」と告白する場面が放送された。

 「凪のお暇」は、コナリミサトさんがマンガ誌「Eleganceイブ」(秋田書店)で連載中の人気マンガが原作。28歳の家電メーカー勤務の大島凪は、自分を見つめ直し、人生のリセットを決意。会社を辞め、マンションも解約し、彼氏を含め関わっていたすべての人たちとの連絡を絶ち、人生の再生を図ろうとするコメディードラマ。