自由を求める戦いはいつまで?「香港デモ」リアルな現場を押さえた写真の数々

香港に影をさす中国本土の勢力をめぐって、数か月にわたりデモ隊と警察が衝突 一連の要求が聞き入れられるまで一歩も退かぬ意思だ。

この夏、数十万人ものデモ隊が香港の町中に流れ込んだ。中国本土と香港との関係に異議を唱えて、政府の施設を破壊し、警察と衝突し、正義を要求した。事態は収束のめどが立っていない。

抗議デモが始まったのは6月上旬、逃亡犯条例案が提出されたのを受けて行われた。これは裁判のために香港市民を中国本土に送還することを認める条例で、中国政府に香港の司法権を受け渡し、すでに弱体化しつつある香港の自治権を脅かしかねない。香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は水曜日、民衆デモを鎮圧すようと条例案を撤回。「我々全員が祖国、香港を案じています」と長官。「我々全員が、現在の膠着状態と不穏な状況の解決を望んでいます」

だが、あまりにも遅すぎた。抗議デモはこの3カ月の間で、条例案反対以上の運動へと発展した。デモが勃発して以来横行している警察の非道なふるまいや、民主主義を支持する若者層と中国統一派の隔絶、デモ隊を愚かな子供扱いしてきた政府の態度を改める運動へと変わっていったのだ。

指導者なき運動は、逃亡犯条例案が白紙に戻ったという半信半疑な記者会見の代わりに、5つの要求の実現を求めている。ひとつは条例案の撤廃。残る4つは行政長官の辞任、抗議デモを「暴徒」と位置付ける政府見解の撤回と逮捕されたデモ参加者の釈放、独立調査機関による警察の横暴の調査、そして普通選挙だ。「5つの要求は香港の住民にとって重要です」と言うのは、ローリングストーン誌のために抗議デモをフィルムに収めた許安榮氏。「終わりは見えませんね」

許氏の写真は、とくに香港警察とデモ隊の一触即発の関係など、抗議デモの様子をありのままにとらえている。デモ隊は監視カメラをスプレーで塗りつぶしたり、駐車禁止用のカラーコーンで催涙弾を消火しようとしたり、交通防護柵を集めて前線にバリケードを張るなど、あの手この手で政府の抵抗に対抗する。「この手のゲリラ戦では、デモ隊は本当に頭がいい」と許氏。「取材するのは本当に大変です。とある駅でおっぱじめたかと思えば、別の駅へ向かっていく。彼らがどこへ向かうのか、僕らには見当もつかない。警察を相手にした、大規模なもぐら叩きゲームですよ」

だがマスクや火炎瓶の影にあるのは、自由を求める戦士たちの感動的な団結力。メトロカードから足取りがバレないよう、デモ隊がカードを使わず帰路につけるようにと駅に余分な電車賃を置いてゆく者。有り金をはたいて防護服を買った人々の空腹を満たすべく、マクドナルドで食べ物を配る者。非常に発達している配車アプリのおかげで、デモ隊は危険な状況から、時には全員まとめて運び出される。

「さながら、かつての毛沢東の長征のようです」と許氏は言う。「毛沢東が権力の座に昇りつめた経緯と、デモが起きた経緯にはたくさんの共通点があります。デモ隊はポスターに毛沢東の言葉を引用すらしている。そうやって中国本土からの訪問者に、彼らの英雄が自分たちの味方なのだと示しているのです」

「おかしなものですよ」と許氏はさらに付け加えた。「奇妙な形で、歴史が繰り返されているんです」

抗議の様子を収めた許安榮氏の写真を次頁より紹介する。



香港抗議デモの一幕

1. 雨傘運動
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

中環の高速道路を更新する何千人ものデモ隊。政府の許可が下りなかったため、抗議は違法だとみなされた。だが政府への不満を表明すべく、予定通りデモは決行。デモ隊は5つの要求を訴えた。

2019年8月31日 香港、中環

2. 反政府抗議
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

香港政府新庁舎の前で、機動隊にレンガなどを投げるデモ隊

2019年8月31日 香港、中環

3. 催涙弾 VS 火炎瓶
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

左:香港政府新庁舎前で、催涙弾を拾っては警察に投げ返す前線のデモ隊
右:香港政府新庁舎前で、火炎瓶に火をつける前線のデモ隊

2019年8月31日 香港、中環

4 ヘネシー・ロード封鎖
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

湾仔のヘネシー・ロードの巨大なバリケードに火をつける前線のデモ隊

2019年8月31日 香港、湾仔

5.コーズウェイの撤退
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

機動隊から催涙ガスやゴム弾、ビーンバッグ弾を浴びせられ、コーズウェイ・ベイに退去する前線のデモ隊

2019年8月31日 香港、コーズウェイ・ベイ


6.機動隊
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

コーズウェイ地区からデモ隊を一掃させた後、通りを閉鎖する機動隊

2019年8月31日

7.レーザーシールド
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

湾仔のヘネシー・ロードにて デモ隊の素性が判明しないよう、多数のレーザーペンと強烈な照明が警察と監視カメラに向けられた

2019年8月31日 香港、湾仔

8.警察の発砲
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

デモ隊に催涙ガス、ゴム弾、ビーンバッグ弾を浴びせる機動隊

2019年8月31日 香港、コーズウェイ・ベイ

9.中国ナチ
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

湾仔ヘネシー・ロードの路面電車の停車場に残された落書き。デモ隊は本土中国政府を”ChiNAZI”[中国ナチ:中国(China)とナチをかけた造語]、習近平主席を”Xitler” [シトラー:ヒトラーと習(xi)をかけた造語]と呼ぶようになった

2019年8月31日 香港、湾仔

10.前線
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

コーズウェイ・ベイの前線のデモ隊

2019年8月31日 香港、コーズウェイ・ベイ


11.香港国際空港
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

香港国際空港の到着ロビーを占拠するデモ隊

2019年9月1日 香港国際空港

12.空港での騒動
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

香港国際空港で、機動隊とデモ隊に挟まれる一般市民

2019年9月1日 香港国際空港

13.空港ハイウェイでの監視
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

空港から市内へ向かう唯一の交通機関、香港エアポートエクスプレスが閉鎖されたため、空港からの退路を断たれたデモ隊は高速道路を占拠し、最寄りの東涌駅とバス停までデモ行進を余儀なくされた。市内まではゆうに7kmを超える

2019年9月1日 香港国際空港

14.空港ハイウェイ封鎖
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

空港行きの高速道路に警察が進入しないよう、巨大な消化ホースを使ってバリケードを作るデモ隊

2019年9月1日 香港国際空港

15.長い道のり
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

抗議デモのバリケードを破って、拘束を通って空港へ向かう旅行者たち デモ隊が高速道路を占拠して市内からの交通を封鎖したため、旅行客は空港まで徒歩で20分~1時間歩かねばならなかった

2019年9月1日 香港国際空港

16.バリケード
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

道路を封鎖して香港国際空港へ向かう機動隊を足止めしようと、空港の手荷物カートでプラスチックのウォータータンク・バリケードを運ぶデモ隊

2019年9月1日、香港国際空港

17.見張り
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

空港へ向かう高速道路で、警察を見張るデモ隊

2019年9月1日 香港国際空港

18.学生のボイコット運動
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

何千人もの学生と一般市民が、香港中文大学(CUHK)に集結し、新学期初日にボイコットを始めた。学生らは香港デモの5つの要求が実現されるまで、教室に戻ることを拒否している

2019年9月2日 香港、沙田

19.ストライキ
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

学生ストに参加する、英華書院の学生たち

デモ参加者の中には、2019年8月11日に警察が発砲したビーンバッグ弾で右目を失った女性に対する団結の意味を込めて、右目を覆う者もいる。以来デモ隊は「ブラック警官、目を返せ!」と掛け声を挙げるようになった(中国では、三合会という犯罪組織と通じている警察を非難する際に”ブラック”という表現が使われる。三合会は闇の組織であることから、 ”黒社会”と呼ばれる)

2019年9月2日 香港、九龍、英華書院

20.目を返せ
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

新学期初日、エジンバラ広場でストライキを起こした学生たち。香港デモの5つの要求が実現されるまで学校に通うことを拒否している。

デモ参加者の中には、2019年8月11日に警察が発砲したビーンバッグ弾で右目を失った女性に対する団結の意味を込めて、右目を覆う者もいる。以来デモ隊は「ブラック警官、目を返せ!」と掛け声を挙げるようになった(中国では、三合会という犯罪組織と通じている警察を非難する際に”ブラック”という表現が使われる。三合会は闇の組織であることから、 ”黒社会”と呼ばれる)

2019年9月2日 香港、中環

21.隠密行動
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

MTRプリンスエドワード駅の外で、身元を守るべく監視カメラにスプレーペイントをかけるデモ隊

2019年9月2日 香港、九龍、プリンスエドワード

22.路上の喧嘩
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

香港、九龍のプリンスエドワード地区 「香港は中国の一部だ」と叫び、デモを非難する男がデモ隊ともみ合い

2019年9月2日 香港、九龍、プリンスエドワード

23.デモ隊の逮捕
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

香港、九龍のプリンスエドワード、旺角警察署前で警察がデモ参加者を逮捕

2019年9月2日 香港、九龍、プリンスエドワード


24.催涙スプレー
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

香港、九龍のプリンスエドワードに集まったソーシャルワーカーとデモ参加者、報道陣の集団に向かって、催涙スプレーを向ける警察官

2019年9月2日 香港、九龍、プリンスエドワード

25.逮捕
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

逮捕されるデモ参加者

2019年9月2日 香港、九龍、プリンスエドワード

26.宝琳駅占拠
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

8月31日の事件を受けて、宝琳駅を占拠するデモ隊と一般市民。この事件では、機動隊が警告もなく、警棒や催眠スプレーで見境なしに乗客を攻撃した。

駅長を待つ間デモ隊は改札ゲートを強硬突破し、監視カメラや券売機を破壊した。逃げ出そうとする駅長に一部の集団が詰め寄った時ちょうど警察が現れ、デモ隊数名が逮捕された 残る地元住民は散り散りに逃げ帰った。

2019年9月5日 香港、新界、宝琳駅

27.九龍湾
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

機動隊に向かって叫ぶ、九龍湾地区の地元市民 「誰か殺したいなら、私を殺しなさい! その子たちを放しなさい!」

この女性はバス停留所の前に集まった群衆の1人。少し前に、黄大仙から逃れていたデモ参加者を乗せたバスを警察が止めて乗り込んだ。バスにはデモ隊の他に一般市民も乗車しており、警察は誰彼構わずデモ隊と疑わしき者を拘束した。帰宅途中でバスを待っていた市民は怒り心頭。警察は4時間以上もかけて、バスを止めて拘束し続けた。

2019年9月2日 香港、九龍湾

28.宝琳
sample
An Rong Xu for Rolling Stone

抗議デモ隊は散り散りに逃げ出した後、叫びながら機動隊の前に跪く宝琳の一般市民。「誰か逮捕したいなら俺を逮捕しろ! あの子たちにかまうな! お前たちも香港市民だろう?」

デモ隊たちは、8月31日に九龍のプリンスエドワードで起きた事件以降、地下鉄鉄路有限公司がMTRの駅を閉鎖した理由を求めていた。この事件では駅構内に突入した機動隊が、警告もなく、警棒や催眠スプレーで見境なしに乗客を攻撃した。

駅長を待つ間、デモ隊は改札ゲートを強硬突破し、監視カメラや券売機を破壊した。逃げ出そうとする駅長に一部の集団が詰め寄った時ちょうど警察が現れ、デモ隊数名が逮捕された。残された地元住民は散り散りに逃げ帰った。

2019年9月5日 香港、新界、宝琳駅

29.MTR宝琳駅

sample
An Rong Xu for Rolling Stone

デモ隊が駅を占拠した後、宝琳駅のゲートを占める警察

2019年9月5日 香港、新界、宝琳駅