ディーン・フジオカ

俳優のディーン・フジオカ(DEAN FUJIOKA)が、主演を務める10月7日スタートの月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)で、主題歌「Shelly」(読み:シェリー)を書き下ろしたことがわかった。

同ドラマは、アーサー・コナン・ドイルが生んだミステリー小説「シャーロック・ホームズ」の原作の魅力をそのままに、名探偵・シャーロックと医師・ワトソンが難事件を解決していく古典ミステリーの傑作を、現代の東京を舞台にスリリングかつスタイリッシュに映像化したもの。ディーンは本作の主人公であり、原作上“シャーロック”に該当するキャラクター、誉獅子雄(ほまれ・ししお)を演じる。

同曲は、事件解決の天才でありながら自らも犯罪衝動を抱えるミステリアスな男“シャーロック”が、実は過去か未来かまたは現在進行形、人生のどこかのポイントにおいて、自分にとって「運命の女神」とも言える一人の女性“Shelly”を一途に思う、そんなピュアな経験をしたことがあったのではないかという、DEAN本人による着眼点のもと書き下ろされたラブバラード。そんな劇中では描かれることのない物語を示すことで、頭の回転が早く、罪と悪と謎に魅せられた男からはおおよそ想像がつきにくい、内側に秘めた知られざるロマンティックで切ない思いが、ドラマにより一層の深みを与えてくれる楽曲となっている。

DEANがフジテレビドラマの主題歌を担当するのは、2018年4月期に放送された木曜劇場『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』の「Echo」以来約1年半ぶり。ほかにも、テレビ朝日系の報道番組『サタデーステーション』『サンデーステーション』のエンディングテーマや、ドラマ『今からあなたを脅迫します』(2017年、日本テレビ系)の主題歌などを手掛けており、今年1月にはこれらの楽曲を収録したアルバム「History In The Making」を発売している。

以下、DEANのコメントを紹介する。

<DEAN FUJIOKA コメント>
“シャーロック”の知られざる一面をラブバラードで書き下ろしました。さまざまな不可解な事件や謎を解いてきた“天才”ですが、一歩間違えば自身も犯罪者になりかねない、そんな“犯罪衝動”を抱えた危険な男。そんな男が、謎を追いかけ、真実を突き詰めていく中で、運命に翻弄されるのと同じように、手が届きそうで届かない“Shelly”という運命の女神に出会ったとしたら……。そんな実際には描かれないアントールド・ストーリーをこの楽曲で表すことで、さらにドラマ『シャーロック』の魅力が、より立体的になると良いなと思って制作したので、是非聴いていただけるとうれしいです。

<第1話あらすじ>
都内にある病院の中庭で、この病院に勤務する消化器内科医の遺体が発見された。捜査一課の警部・江藤礼二(佐々木蔵之介)は、何者かによって屋上から突き落とされたのではないかと病院関係者へ事情聴取するが、患者からの信頼も厚く、異性関係のトラブルとも皆無だった被害者が殺されるはずなどないと口をそろえる。その様子を静かに聞いていたのは犯罪捜査専門コンサルタントの誉獅子雄(ディーン)である。公にはしていないが、江藤は、ずばぬけた観察眼と天才的な思考回路を持ち合わせる獅子雄の力を時折借りながら事件捜査に当たっている。彼らの証言に潜む虚偽を瞬時に見抜き、必要な情報と不要な情報を整理していく獅子雄。そんな中、事情調査中にも関わらずその場を静かに立ち去った一人の男がいた。この病院に勤務する精神科医の若宮潤一(岩田剛典)である。その様子を見逃さなかった獅子雄は、彼が何か真実を握っているのではないかと察知し、重要参考人として調査を開始する。