車の動画[2019.09.11 UP]


トヨタ ヴェルファイア(TOYOTA VELLFIRE) グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説



こちらはトヨタのヴェルファイアの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

よりダイナミックに。よりクールに。見る者を圧倒する、唯一無二の存在感。
ダンベル形状をテーマにしたフロントビューで、ワイド&ローなスタンスを表現し、
スタンダードボディにはクールかつモダンなテイストを加えた。
優れた走りと扱いやすさを実感できる、進化を遂げたドライバーズカー、
VELLFIREをご紹介します。

長さ 4935mm

幅 1850mm

高さ 1935mm

スマートキー操作で一定の離れた距離からドアの解錠、施錠ができます。
スマートキーを携帯していれば、ドアハンドルのセンサーにふれるだけで解錠、
ドアハンドルに触れるだけで施錠が行えます。

車のロックが解除されていれば、バックドアもスマートキーでドアの開閉が可能。

エンジンスイッチは運転席右側にあります。

スイッチを押し、エンジンが始動すると、マルチインフォメーションディスプレイも起動します。

ステアリング左側のスイッチはオーディオ操作のスイッチ。
ハンドルから手を離すことなくオーディオ関連の操作が出来ます。

ステアリング右側のスイッチはメーター操作スイッチ。
スイッチ操作でマルチインフォメーションディスプレイの表示が切り替わります。
 
マルチインフォメーションディスプレイでは、
エコインジケーターや方角確認、平均燃費や航続可能距離などを確認することができます。
 また後席のエアコン状況も確認できるので車に乗っている人への配慮もバッチリです!

ステアリング左奥には、ワイパー・ウォッシャースイッチ。

右奥には方向指示レバー・ランプスイッチが配置。

右下奥にはクルーズコントロールスイッチがあります。

メーターの左下にはメーターを好きな明るさに調整できるメーター照度調整スイッチと
総走行距離と区間走行距離を確認できるオド トリップスイッチがあります。

エンジンスイッチの近くには寒い日にハンドルを温めてくれるステアリングヒータースイッチ。

パワースライドドアの自動開閉機能をOFFにするスイッチ。
タイヤ交換をする際はOFFにしてください。

夜間の見やすさをサポートするハイビームの調整システムのスイッチ。
2種類の調整システムがあり、グレードによって異なります。

ステアリング右横にスイッチがあり、オンにすると運転席足元を照らすライトがつきます。

運転席右側のインパネ部にあるスイッチを押すとフロントライトのスタイリッシュビームが点灯します。

大画面で見やすい多機能ナビ!ディスプレイに静電式のタッチパネルとスイッチを搭載。
タブレット端末のような軽快な使い心地と洗練されたデザインを実現。

前席左右・前後の温度コントロールができるフルオートエアコン。
室内の前後に温度センサーを配置し、温度を自動的に独立してコントロール。
どの席にいても快適に過ごせます。

夏の暑い時には爽やかな風を送り出し、
冬の寒い時には長時間座っていると負担のかかりやすい肩や腰、
冷えやすい足に快適なぬくもりを伝えます。

ゲート式シフトレバーはシフトゲートが左右に折れ曲がった形状のため、
ストレート式シフトレバーよりシフトチェンジの誤作動が少ない操作性が利点となっています。

パーキングブレーキの作動・解除を自動で簡単に行えます。
オート機能はオフにすることも可能です。

サンバイザーは運転席側にはバニティミラーと照明、チケットホルダーが、
助手席側にはバニティミラーと照明がついています。

多彩なシーンに対応するパーソナルランプ。LED仕様は、夜間でも使いやすいスイッチ照明により
暗がりでの視認性を向上。更には、3段階調光と間接照明のような効果をもたらす
ラウンジモードを設定。

ランプ下には小物の収納に便利なコンソールを装備。

レバーを操作し、鏡面インナーミラーモードから切り替え。
視界を遮らない車両後方カメラの映像を映し、安全確認ができます。

スライド式の蓋がついたカップホルダーが運転席側に配置されています。

運転席ロアボックスの中にETC車載器が設置できるので、スッキリ見せることができます。

運転席、助手席ともにフロントドアポケットにはボトルホルダーがついていて便利!




シフトレバーの横にはセンターアッパーボックス。
財布などが入れられるくらいのサイズです。

シフトレバー後方にコンソールトレイがあり、トレイの底がゴム状なので、
スマホなど置くのに便利です。

その横の蓋をあけると、カップホルダーが2つ装備されていて、中央の仕切りは外せます。

存在感のある大型ハイグレードコンソールボックス。
左右どちらからもあけることが可能です。

内部にはAC電源、アクセサリーソケット、USB端子など様々な電源を用意。

助手席のカップホルダーはワンプッシュ式で使わないときは格納してスッキリ!

グローブボックスも大容量で多くのものを収納できます。

シートバックポケットはグレード別で買い物フック付きもあります。

スライドドアには左右それぞれボトルホルダーがあります。

スライドドアを開けた時には足元を照らすライトが点灯します。

コンソールボックスの背面にも収納スペースが!
蓋付きで収納したものが落ちないので便利。

収納の下にはAC電源とHDMI端子、アナログの入力端子があり、
ゲーム機など接続することができます。

2列目シートのカップホルダーは回転式です。

2列目シートの間には折りたたみ式のサイドテーブルが。ここにもカップホルダーがあります。

後席に乗る人も調整ができるようにエアコンの調整パネルが設置されているので、
快適なドライブを楽しめます。

エアコン調整パネルの横に後席天井にあるライトの調整スイッチがあり、
16色のカラーバリエーションと4段階の明るさ調整ができます。

電動開閉式のディスプレイはリモコン操作が可能。
前席と後席で別々の音声を聞くこともできます。
迫力ある大画面で長時間のドライブも楽しめます。

後席にあるパーソナルランプは調光可能で、必要に応じて明るさを変更できます。

3列目シート用のカップホルダーは運転席側は2つ、助手席側は1つになっています。

乗車する方の体格に合わせてシートポジションを最適な位置へスイッチ操作で簡単に調整可能。
運転席は前後スライド、リクライニングなど8種類のポジション調整ができます。

調整したシートポジションを3パターンまで登録することができ、
必要に合わせて好きなポジションを再現することが可能です。

助手席にはオットマンがついていて、リラックスした姿勢で乗ることができます。

パワーシートスイッチが様々な箇所についており、シート調整が簡単にできます。
助手席の調整スイッチは助手席右側に。
2列目シートはアームレストの内側にあり、助手席同様、2列目シートにもオットマンがついています。

2列目シートの位置調整はサイドのレバーを引くことで調整できます。
3列目からもスライドさせることができます。
シートの後ろにあるレバーを引いて、前方に押すことで簡単にスライドします。

3列目シートを使っているときは大きな荷物を乗せられません。
大きな荷物を乗せたい場合は、3列目シートをスライドまたは格納します。

スライドする場合、シート下のレバーを引き、前方へ押し込めば、動かすことができます。
3列目をどちらも前方へスライドすれば、大きな荷室を確保できます。

次に格納する方法です。
まず、先ほどと同じようにシート下のレバーを引き、前方へスライドさせます。

このとき、スライドさせる位置は床のマットのくぼみにシートの足にある目印が合うように
調整してください。

次にシート右下にあるレバーを引き、シートを前方へ倒します。

先ほどのレバーをもう一度引くと、ロックが外れ、シートを跳ねあげることができます。

跳ねあげたら、シートを固定するためにシート下に格納されていたベルトを側面にはめ込みます。
しっかり固定するためにベルトを調整してください。
これで3列目シートが格納できました。

3列目シートをどちらも格納すれば、さらに大容量の荷室が出現!
自転車も楽々入る大きさです。

ラゲージスペースにはサイドに収納ボックスが設けられています。
緊急時の応急キットなどを格納しておくのにも便利です。

パワーバックドアはスマートキーの操作で開けることもできます。

高輝度で点灯速度が早く、消費電力の少ないLEDを採用。
車両姿勢の変化に関わらず、照射軸を一定に保つオートレベリング機能付きです。

テールランプもLEDでしっかりと後続車に車両の存在を知らせます。

こだわり抜いた空間がもたらす、これまでにない圧倒的な高級感とくつろぎ。
Toyota Safety Senceを全社標準装備し、先進の安全機能を数多く搭載。
より幅広いシーンで安全安心なドライビングをサポートしてくれる、
TOYOTA VELLFIREのご紹介でした。



関連情報


車種別動画カタログ