ベントレーが12台限定で1929年のモデル復刻製造│ベースになる1台とは?

1929年、ティム・バーキン卿の依頼によって、4½リッター スーパーチャージャー付きエンジンを搭載したワークスベントレーが4台製造された。いずれもヨーロッパのサーキットで活躍したが、最も名を馳せたのはバーキン卿自身がステアリングを握った2号車、登録番号UU 5872だ。この2号車をベースに、コンティニュエーションモデルとして12台限定で復刻するとベントレーは発表した。ちなみに、ブロワー・ベントレーはイアン・フレミングの小説版007でボンドカーとして知られる1台でもある。


 
ベントレー・モーターズ代表のエイドリアン・ホールマークは、「新しく製造される12台のブロワーはベントレーのヘリテージへのオマージュだけではありません。卓越したハンドクラフト技術を持つマリナ―の職人への賛辞も込められています。ベントレーにとって新たな挑戦となりますが、最近では1939年のコーニッシュをレストアし、素晴らしい成功となりました。しかし、もっと特別な世界へと進みたかったのです。12人の幸運な顧客がこの特別なクラシックこのユニークなベントレーを手にすることができます」とコメント。
ますは、シャシー番号HB 3403のブロワー・ベントレーを分解し、各パーツを一覧にまとめ、細心の注意を払って3Dスキャナーで測定し、完璧なデジタルモデルを作成する。次に、オリジナルモデル製造時に使用された1920年代の金型と治具、伝統的な工具に加え、最新の製造技術を使用して12台分のパーツを製作。オリジナルのスピリットはもちろんのこと、メカニカルにおいてもルックスにおいても、可能な限りマリナ―職人の手によって当時のまま引き継いでいる。安全性に関してのみ、目立たない部分でわずかに現代のシーンに合わせた変更が加えられるという。その後、オリジナルモデルは名車担当チームによって詳細に点検され、必要に応じて丁寧にメンテナンスをされた上で、元の姿に戻される。



このコンティニュエーションモデルにも、4気筒16バルブエンジン、アルミニウム製クランクケース、鋳鉄製シリンダーライナー、取り外し不可能な鋳鉄製シリンダーヘッドが装備される。スーパーチャージャーは、アムハースト・ヴィリヤース製ルーツ式Mk IV型スーパーチャージャーの精巧なレプリカとなり、このスーパーチャージャーのおかげで4398ccエンジンの出力が向上し、4200rpmで240bhpを発生する。車体構造には、プレススチールフレームと半楕円形のリーフスプリング式サスペンション、そしてBentley & Draper製ダンパーのコピーが採用される。さらに、Bentley-Perrot製の40cmのメカニカルドラムブレーキ、ウォーム&セクターステアリングも再現され、シャシーが完成する。
 
12台すべてが完成するのは、2年後の予定。価格は受注開始時に決定される。