皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、離婚後、2人のお子さんを育てながら働く50歳の会社員女性。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

◆現在の貯蓄と保険の満期金で、早期退職は可能ですか?
皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。

今回の相談者は、離婚後、2人のお子さんを育てながら働き、大学と大学院に入学させた50歳の会社員女性。しかし、その反動で心身ともに疲れ、早期退職を希望している。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

◇相談者
海子さん(仮名)
女性/会社員/50歳
持ち家・一戸建て

◇家族構成
子ども2人(大学2年・大学院1年)

◇相談内容
母子家庭で、がんばっています。子ども2人を育てていますので、責任を重く感じ、現在、学費も多くかかり、なんとかがんばらないと思って、やっています。

子どもは2人とも大学生になりました。あと少しなので、どこまでがんばれるかわからないですが、子どもが就職するまで、がんばれたら、仕事を辞めたいです。心身ともに疲れました。体調がよくないことが多いです。

年金は「ねんきん定期便」でみたところ、月9万円ほどのようです。貯蓄が今は増えず、少しずつ減ってきていますが、下の子どもが就職する3年後に、早期退職したいと思っています。現在貯蓄と保険の満期金等で、だいじょうぶでしょうか?

しんどいと思っては、早期退職を考え、お金のことを考え、の毎日で、母子家庭で当然働くでしょうというまわり(親や兄弟)の目もありつらいです。ファイナンシャル・プランナーさんのご意見をお伺いしたく、よろしくお願いいたします。

◇家計収支データ
相談者「海子」さんの家計収支データ

◇家計収支データ補足
(1)母子家庭の要因について
離婚によるもの。養育費は受け取っていない。

(2)ボーナスの使いみち
全額、生活費の補てん

(3)加入保険について
すべて払込み終了
・学資保険:満期金200万円 
・個人年金保険:年金総額500万円
・終身保険:死亡保障2000万円(医療特約なし)
・養老保険:満期金200万円

(4)住宅について
中古住宅を購入。現在、築年数は30年以上。

(5)相続について
相続はなし

(6)健康状態について
現在、心療内科に通院。薬も処方されている。

(7)退職金と退職後について
3年後に早期退職した際の退職金は800万円。早期退職後はフルリタイアを希望している。

(8)周囲の目について
相談者コメント「兄弟が離婚についてこころよく思っておらず、言われるのがつらいです」

(9)生活の楽しみについて
ガーデニングが趣味。ガーデニングに明け暮れるのが夢だった。しかし、それも縮小しなくてはいけないと考えている。コストとしては最大で1000万円(年間30万円くらい)。

◇FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1:3年後のフルリタイアは十分可能
アドバイス2:健康を考えれば、即リタイアでも構わない
アドバイス3:周囲の目や声は気にせず、自分のために生きる

◆アドバイス1:3年後のフルリタイアは十分可能
海子さんはこれまで大変がんばってこられたことは、文面からも伝わります。しかも、現在の貯蓄は慰謝料や相続ではなく、コツコツ貯められたとのこと。家計管理にも感心いたしました。

さて、ご相談の早期退職ですが、まず、希望されている時期は、下のお子さんが大学を卒業する3年後。

一方、毎月の収支は教育費がかさむため、月6万3000円の赤字。ボーナスは全額、生活費の補てんに充てているものの、年間で25万円程度の赤字となります。今後3年間、教育費が変わらないとすれば、貯蓄から計75万円を捻出することになります。

その他、毎月の家計支出に反映されない突発的な支出等を考慮して、100万円は少なくとも貯蓄が目減りすると考えていいでしょう。

想定している早期退職は海子さん53歳のとき。この時点で貯蓄と国債の合計は100万円を差し引いて4400万円。これに退職金を加えると5200万円。

他に、学資保険と養老保険の満期金、個人年金保険から受け取る年金を加算すると、金融資産は6100万円(終身保険は解約返戻金の詳細が不明のため、ここでは含めず)となります。

53歳からは希望どおり、フルリタイアとします。65歳までは、かかる生活費のすべてを貯蓄等から取り崩すことになります。

リタイア後の生活費(海子さん1人分)を現状から考えて、月15万円(退職後、国民健康保険や国民年金の保険料等が発生)とします。65歳までの12年間で2160万円。それでも、65歳のとき、手持ちの金融資産はまだ約3900万円残ります。

65歳以降は、公的年金の受給額は月9万円とのことですから、社会保険料や税金等を考慮して、月の不足額は7万~8万円といったところ。90歳までの25年間で、取り崩す金額は2100万~2400万円。結果、少なくとも1500万円はまだ手元に残ります。

また、ここからガーデニング等の費用として1000万円、さらには住宅のリフォーム・修繕費用、医療費等を捻出します。それでも、生活をしっかりコンパクト化しておけば手持ち資金が不足するとは考えにくい。

しかも、終身保険を解約すれば、まとまった解約返戻金を受け取れます。長生きリスクにも十分対応できるでしょう。つまり、希望どおり早期退職しても資金的に困ることはないということです。

◆アドバイス2:健康を考えれば、即リタイアでも構わない
しかし、心配な部分もあります。現在も心療内科に通っているとのこと。その状態で、あと3年間、今のように働き続けることが可能かどうか。

少なくとも、今の職場での勤務が健康を害した要因であれば、個人的には3年と言わず、すぐに退職しても構わないと考えます。そして、まずは2、3年、ご自身の心身を休めてはどうでしょう。

ただし、そうなると3年間分の収入=870万円がなくなりますので、先の老後資金から同額を差し引かなくてはなりません。それでも、足りなくて困るという事態にはならないでしょうが、多少不安も残ります。

したがって、即退職の場合は、数年後に再び働くことが条件となります。

働くといっても、身体に負担のない程度。アルバイトで構いません。月8万円も収入があれば十分です。3年間働けば約300万円、5年なら500万円。これでまた老後資金に余裕が生まれます。

お住まいの地域は世界でも有数の観光エリア。仕事は高齢になっても、そう苦労せずに見つけられるのではないでしょうか。

あるいは早期退職の時期を、2年後に短縮してもいいでしょう。それならその後、フルリタイアでも資金的には問題ないでしょう。ともあれ、健康を最優先に考えることが、海子さんにとってもっとも大事なことです。

◆アドバイス3:周囲の目や声は気にせず、自分のために生きる
最後に「周囲の目」について。詳しい事情はわかりませんが、ご兄弟に何か言われても気にしないことです。

離婚後、子育てをしながらがんばって働いて、お子さん2人を大学と大学院に入学させた。立派の一言です。近くでその姿を見てきたお子さんたちも、間違いなく感謝しているでしょう。

それでも、周囲が気になるようでしたら、今後、ご兄弟とは極力接しないことです。これからの時間は、海子さんが思うように、そして楽しむために使うべきだと考えます。

◆相談者「海子」さんから寄せられた感想
早期退職可能とのこと、少し安心いたしました。また、お金のことだけでなく、健康のこと、これからの時間のこと、心遣いのあるアドバイスをいただき、ありがとうございます。

がんばらなければいけないと思ってしまうので、自分の健康を優先に考えるようにしていきたいと思います。お金のことが、わかりましたので、しばらく心身を休めることも考えてみようと思います。

今回、深野先生に、相談できましたこと、感謝いたします。ありがとうございました。

教えてくれたのは……
深野 康彦さん

マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。

取材・文/清水京武

文=あるじゃん 編集部