【ミラーレス一眼のおすすめ機種6選!】 写真家・カメラ評論家に取材して聞いた

【この記事のエキスパート】

写真家、カメラ評論家:田中 希美男

写真家、カメラ評論家:田中 希美男

多摩美術大学付属多摩芸術学園・写真科卒業。撮影分野は、おもにクルマを中心に人、モノ、料理、風景、スナップ、ファッション、ドキュメントなど被写体を問わない。

ほかに、カメラ雑誌などに新型カメラやレンズのテストのレポート、撮影技法などの解説をする。


写真家・カメラ評論家の田中希美男さんへの取材をもとに、ミラーレス一眼カメラにおける選び方のポイントとおすすめ機種6選をご紹介します。誰でも手軽にきれいな写真が撮れるミラーレス一眼は、本格的に写真を撮りはじめた人にぴったりのカメラです。レンズを交換することでさまざまなニュアンスの写真を撮ることができます。おすすめの機種としてキヤノン、ソニー、オリンパス、ライカ、パナソニック、富士フイルムから商品を紹介しています。自分が使いやすいミラーレス一眼カメラを購入して、素敵な写真をたくさん撮影しましょう! ショッピングサイトの売れ筋ランキングも参考にしてください。

ミラーレス一眼はどう選ぶ? 写真家・カメラ評論家が教える3つのポイント

写真家・カメラ評論家の田中希美男さんに、ミラーレス一眼を選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。ミラーレス一眼カメラを選ぶときは、次の点に気を付けて選んでみましょう。

イメージセンサーのサイズで選ぶ

【エキスパートのコメント】

現在、レンズ交換式のミラーレスカメラ(ミラーレス一眼)は、イメージセンサーのサイズ別で大きいものから、中判、フルサイズ判、APS-C判、そしてマイクロフォーサーズ判センサーを使用した各種カメラが発売されています。

センサーサイズが大きいほどカメラボディも交換レンズも大きくなり、一般的にですが価格も高くなります。利点は画質がよいこと、容易に大きなボケ描写が得られること、高ISO感度で撮影してもノイズが目立ちにくいことなどです。

カメラが少しぐらい大きく重くなっても画質のよいカメラを望むなら、中判またはフルサイズ判がおすすめです。小型軽量なカメラで気軽に撮影を楽しみたいという人には、APS-C判またはマイクロフォーサーズ判をおすすめします。

ライカ『ライカSL(TYP 601)』:

出典:Amazon

カメラ愛好家のあこがれ「ライカ」。フルサイズのセンサーを搭載しているモデル。

撮影機能の種類と内容で選ぶ

【エキスパートのコメント】

レンズが交換可能なミラーレスカメラは、どの機種も基本的な撮影機能は充実しており、オート撮影機能もマニュアル撮影の機能も備えています。撮影機能については、一眼レフカメラもミラーレスカメラも違いはまったくありません。イメージセンサーの画素数も1,500万画素以上あるものがほとんどで、通常の写真使用であればどの機種でも画質的には心配はないでしょう。

もし機種によって違いがあるとすれば、連写性能とか画像仕上げモードの種類、動画撮影機能など「プラスα」のところでしょうか。スポーツシーンなど動く被写体を撮りたい人は高速連写の機能をチェックするといいでしょう。個性的な表現をしたい人は表現にあったカスタムモードを備えたカメラを選ぶのがおすすめです。

ソニー『α6500(ILCE-6500)』:

出典:Amazon

光学式5軸ボディ内手ブレ補正を備えたモデル。秒間11コマの高速連写や、人物の瞳に自動でフォーカスを合わせる「瞳AF」などの機能があります。

交換レンズのラインナップで選ぶ

【エキスパートのコメント】

レンズ交換式カメラのもっとも重要なチェックポイントは、使用できるレンズのラインナップが充実しているかどうかです。使っているうちに「こんなレンズも欲しい」と思ったときに最適なレンズが見つからないと困ります。

ミラーレスカメラはその機構上、マウントアダプターというアクセサリーを利用することで、数多くの既存のレンズを使用することができる利点があります。なかには専用マウントアダプターが用意されていて、たくさんの種類の一眼レフ用交換レンズを、ミラーレスカメラ専用レンズと同じように使うことができる機種もあります。このあたりはカメラ選びのときにぜひチェックしておきたいポイントです。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)