Vシネマ「ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス」の公開記念舞台あいさつに登場した武田航平さん

 俳優の武田航平さんが9月7日、東京都内で行われた特撮ドラマ「仮面ライダービルド」の“最終章”となるVシネマ「ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス」(中澤祥次郎監督)の公開記念舞台あいさつに登場。作中で猿渡一海/仮面ライダーグリスを演じている武田さんは、今作を振り返り「寂しいですがやり切った気持ちです」としみじみ。作中の、仮面ライダーグリスの新フォーム・仮面ライダーグリスパーフェクトキングダムへの変身シーンについては「僕の人生の中でも最後の変身だなと思った」と明かし、「いろんな今までの思いと、『仮面ライダーキバ』からやってきたライダー役の最後ということで、気持ちを込めてやらせていただきました」と感慨深げに語った。

 舞台あいさつには石動美空役の高田夏帆さん、赤羽役の栄信さん、青羽役の芹澤興人さん、黄羽役の吉村卓也さん、滝川紗羽役の滝裕可里さん、氷室幻徳/仮面ライダーローグ役の水上剣星さん、万丈龍我/仮面ライダークローズ役の赤楚衛二さん、中澤監督も出席した。

 主演を務めた武田さんは、今作の苦労を聞かれると「一海自体が分かりやすい、熱くて仲間思いの主人公キャラだったので、それをそのまま貫き通しただけです。気負いすぎないように、みんなに甘えてやらせていただきました」と述懐。共演したメンバーとの絆については「僕ら、よくお互い(現場の外で)一緒にいるんですけど、剣星さんと栄信が一緒にいたり、僕と(犬飼)貴丈が一緒にいたり、僕と赤楚が一緒にいたり、滝さんと夏帆ちゃんが一緒にいたり。知らないところで自然に縁がつながっているのは感じます」と語っていた。

 「ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス」は、テレビシリーズで死闘の末に散っていった仮面ライダーグリス(武田さん)が新世界で復活し、唯一変身し戦えるライダーとして、仲間のため、愛する人のために熱戦を繰り広げる。しかし、敵を倒す新アイテムのためには三羽ガラスの命が必要だと告げられ、情に厚いグリスに究極の決断が迫られる……という展開。9月6日から期間限定で劇場上映され、11月27日にブルーレイディスクとDVDが発売される。