【ITライターに取材!】ポータブル外付けSSDのおすすめ5選|バックアップも安心!

【この記事のエキスパート】

ITライター:海老原 昭

ITライター:海老原 昭

大学在学中よりパソコン総合誌、Windowsプログラミング誌、Mac専門誌の記者/編集者として活動し、その後輸入自動車やカーナビ等のマニュアル翻訳/制作などを経て、フリーランスとして現在に至る。

キャリアは25年目に突入。専門はアップル製品だが、WindowsもAndoridも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。


ITライターが厳選したポータブル外付けSSD5選を紹介します。BUFFALO、SanDisk、Samsung、Silicon Power、ELECOMなどのメーカーから発売されている製品のなかから、ITライターの海老原 昭さんが専門家の視点で選んだおすすめの商品をピックアップ。選ぶときに注意したいポイントも解説しています。さらに、各ショッピングサイトのランキングも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ITライターが解説|ポータブル外付けSSDを選ぶポイント

ITライターの海老原 昭さんに、ポータブル外付けSSDを選ぶポイントを3つ教えていただきました。

インターフェースで選ぶ

【エキスパートのコメント】

SSDはHDDと比べるとはるかに高速で、インターフェースがボトルネックになってしまう場合もあるほどです。

現在主流のポータブルSSDは「USB 3.1 Gen.1(5Gbps)」を搭載していますが、搭載するSSD自体が高速なタイプであれば、「USB 3.1 Gen.2(10Gbps)」や「Thunderbolt(20Gbps以上)」などの高速インターフェースを搭載したものが理想的です。ただし、これは使用するパソコン側がそれらのインターフェースを搭載している場合に限ります。

また、最近はUSB Type-Cポートを採用するパソコンが増えており、MacなどはノートPCを中心に、全面的な切り替えが進められています。SSD本体にケーブルが内蔵されている場合、そのコネクターがType Aだと、パソコン側で使えない(変換ケーブルが必要)というケースもあります。内蔵タイプはケーブル忘れがなくなって便利なのですが、こうしたデメリットもあるため、気をつけましょう。

Samsung(サムスン)『Portable SSD X5(MU-PB2T0B)』:

出典:Amazon

40Gbpsの帯域を持つ「Thunderbolt 3」をインターフェースに採用した外付けSSD。書き込み速度は2300MB/秒という速さ。

容量で選ぶ

【エキスパートのコメント】

SSDはHDDと比べて容量あたりの価格が高く、大容量データはHDDに、そこまで大きくないデータの移動用にSSD、という住み分けがなされてきました。ところが近年、SSDが普及するにつれて価格も大幅に安くなり、最大容量は2TBクラスまで到達し、1TBクラスで1万円代前半という製品も登場しています。

ポータブルHDDと比べるとまだ高いのですが、1TBあればノートPCなどのバックアップ用としてもかなり余裕が出てきます。USBメモリ替わりと割り切るなら100〜200GB程度の小容量の製品でもいいですが、余裕があれば500GBクラス以上を選ぶと、HDD的な使い方もできて幅が広がります。

BUFFALO(バッファロー)『SSD-PG960U3-BA』:

出典:Amazon

接続はUSB 3.1 Gen.1、最大読み込み速度は大容量モデルで320MB/秒。価格は1TBで1万円台前半と、エントリーモデルとしてもおすすめです。

サイズと重さで選ぶ

【エキスパートのコメント】

SSDはHDDと違って、物理的な形状の制約はほとんどありません。内蔵用SSDは取り付けの問題もあって2.5インチHDDと同じ形状のものが多いですが、M.2 SSDのようにメモリカードのような形状にもできる自由度があります。

外付けSSDにしても同じことで、内部は極めて小さなコントローラーチップとメモリチップだけですから、ポータブルHDDよりはるかに軽く小さなものが作れます。ポータブルHDDがおよそ200g前後の製品が多いなか、ポータブルSSDは50gを切るものも珍しくありません。

またサイズも名刺サイズやそれ以下、あるいはユニークな形状のものがあり、持ち運びの邪魔にもなりにくい製品がたくさんあります。ただし、どれも小さく軽いので、HDDほどわずかなサイズや重さを気にする必要はない、といえるかもしれません。

ELECOM(エレコム)『ESD-ECシリーズ(ESD-EC0120G)』:

出典:Amazon

細長いケースにUSBケーブル(Type Aプラグ)が直結されたコンパクトなSSD。120GBモデルなら3,000円台と、価格も手頃です。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)