パソコン液晶保護フィルムのおすすめ5選|IT&家電ライターが選ぶ

【この記事のエキスパート】

IT&家電ライター:秋葉 けんた

IT&家電ライター:秋葉 けんた

編集プロダクション「マイカ」所属のIT&家電専門ライター。
スマホやパソコン、ストレージ、ネットワークなどIT全般のみならず、家電についての執筆実績が多い。書籍、雑誌、新聞、業界誌やWebコンテンツなど、様々な媒体に記事を提供している。
また、広告やカタログ、導入事例といったB2Bの営業支援ツール制作にも携わる。IT系、家電を中心にコンセントにささるいいモノをおすすめしていきます。

略歴
1973年生まれ。
高等学校の教職員勤務経験を経て、マイカに勤務。雑誌や専門誌のライターとして活躍する。
その後、IT流通の専門誌の記事制作を担当し、B2BからB2Cまで幅広い専門知識を獲得。
最近では、Webメディアやオウンドメディアのの編集企画制作も担当。

著書歴
・iCloud&iTunes超使いこなしガイド 2019最新版 (三才ムック)
・今すぐ使えるかんたん はじめる&使える MacBook入門(技術評論社)
・スマホの困ったを解決する本 (三才ムック)
・iPhone超活用ガイド (三才ムックvol.988)
・今すぐ使えるかんたんEx iPhone プロ技BESTセレクション(技術評論社)


パソコン液晶保護フィルム(スクリーン保護フィルム)の選び方をIT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説します。ひと口にパソコン液晶保護フィルムといっても、動画の視聴に最適なものや、反射防止/ブルーライトカット機能などプラスアルファの機能を付加するものなど種類は豊富。どれを選ぶべきか迷ってしまいますよね。本記事では、数あるパソコン液晶保護フィルムのなかから厳選したおすすめ商品5つを紹介しますので、商品選びの際はぜひ参考にしてください。

パソコン液晶保護フィルムの選び方とは? IT&家電ライターに聞いた

IT&家電ライターの秋葉けんたさんに、パソコン液晶保護フィルムを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

パソコン画面のサイズに合わせるのが原則

【エキスパートのコメント】

パソコンのディスプレイには、意外と手指の脂(あぶら)やホコリが付き気になります。また、ノートパソコンでは閉じたときにキーボードが当たって、跡が残ったりする場合も……。液晶保護フィルム(スクリーン保護フィルム)は、そんな液晶画面の表面を守る透明フィルム。汚れた表面を布で拭いても液晶に影響を与えず、交換も簡単です。

パソコンの画面サイズは製品によってさまざま。自分でカットできるものもありますが、フィルムの端がズレると見た目が悪く、はがれやすくなります。ピッタリなサイズを選びましょう。

Agrado『超高精細アンチグレア ブルーライトカット 保護フィルム』:

出典:Amazon

Macbook pro全機種、Air、Windows 15.6型ワイドに対応。豊富なサイズ展開がある商品です。

反射を抑えたノングレアか、画質重視のグレアか

【エキスパートのコメント】

パソコンの悩みの1つが画面の反射。液晶ディスプレイはガラス基板ではさまれているので、どうしても外部の光を反射してしまい、後ろの光景や照明の光などが映り込んでしまいます。

長時間パソコンを使う方なら、表面の光沢をなくしたノングレアタイプがおすすめ。目の疲れの原因となる映り込みをなくしてくれます。ただし、ノングレアは画面が白っぽくなり、コントラストも弱まるという特徴があります。

色彩や画質にこだわる動画編集や画像レタッチでは、静止画や映像がキレイに見えるグレア(光沢)タイプがおすすめです。

FEELM『液晶保護フィルム(MBP15L16-AGAS)』:

出典:Amazon

ノングレアタイプのパソコン液晶保護フィルム。周囲からの映り込みやギラツキを防ぎます。

ブルーライトカットなど自分に合った付加機能を

【エキスパートのコメント】

保護フィルムは表面の保護に加え、さらに便利な付加機能を備えた製品が増えています。液晶が発する光のなかにはブルーライトがあり、目に大きな負担を与えます。そのブルーライトをカットできるタイプは、ディスプレイを長時間見続けるデスクワークの方におすすめ。

紫外線(UV)をカットできる製品もあります。飛行機の中やカフェなど人の多いところで使うことが多い方は、視野角度を制限して、横からのぞき見ができないようにしたプライバシータイプがいいでしょう。

そのほか抗菌機能、帯電防止など、保護フィルムはどんどん進化しています。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)