タイ国王一世紀ぶりに一夫多妻制を復活か、ネットで話題の「国王夫人」画像が公開

タイ国王が今週、34歳の女性(陸軍高官)を正式な国王夫人に任命し、画像がインターネットで解禁され物議を醸している。タイ王室として、王妃とは別の側室ということなのか?一世紀ぶりに一夫多妻制を導入したということか? タイの歴史に詳しい博士によれば「セックスが目的ではありません。堕落でもありません」と、説明する。

タイ王室庁は今週初め、60枚を超えるマハ・ワチラロンコン・ボディンドラデバヤワランクン国王と国王夫人の写真を同webサイトに掲載した。インターネットは文字通りパンク状態――写真へのアクセスがあまりにも殺到したため、月曜日にサイトがクラッシュした。

だが、標準的な王室のポートレート写真ではない。王族によくある公式写真に加え、一風変わった画像も多々含まれていた。そのうちのひとつは国王夫人である、シリーナート・ウォンワチラーパック少将が、迷彩柄のスポーツブラをつけて戦闘機のコクピットに座る写真。他にも、軍服姿で犬を抱いている写真などがあった。

Webサイトはシリーナート国王夫人の詳しい経歴も公開したが(タイ語のみ)、今回の件で数々の疑問が持ち上がった。シリーナート国王夫人は何者なのか? タイ王室での役割は? スポーツブラで軍戦闘機に乗り込むのは認められているのか? そして何よりも、一体全体国王夫人とは何ぞや? なぜタイでは、100年近くも国王夫人が存在しなかったのか?

まずは背景知識を少々。マハ・ワチラロンコン国王には現在、王妃と国王夫人がそれぞれ1人ずついる。2019年5月戴冠式の数日前に、国王はスティダー・ワチラロンコン・ナ・アユタヤ王妃と結婚した。スティダー王妃と結婚する前に、国王は3回結婚、そして3回離婚している。そして2か月後、マハ・ワチラロンコン国王はシリーナート少将を国王夫人に任命した。そして新たに公開された画像と経歴のおかげで、世間は少しばかり彼女について知ることができた。

王室の公式経歴書によると、シリーナート少将は1985年1月26日、タイ北部のナーン県で生まれた。陸軍看護学校を2008年に卒業した後、ジャングルでの戦闘や夜間パラシュート降下などの陸軍訓練を修了。自家用操縦士の訓練も受けた。

”国王夫人”という称号は、場合によっては当代君主の配偶者を意味する。だがコーネル大学で歴史学とアジア研究を教えるタマラ・ロース博士によれば、タイ王室においては、王が複数の王妃と側室を抱えていた旧体制におけるある種の配偶者を指す。


「100年以上も前にさかのぼれば、一夫多妻制には政治的機能がありました」とロース博士はローリングストーン誌に語り、1人の男性が複数の女性を妻に娶るという一夫多妻制の一例を挙げた。東南アジアの広大な地形を考えると、王が複数の配偶者を持つことは、異なる集落を王国の統治下におくひとつの手段だった。「セックスが目的ではありません。堕落でもありません。堕落がなかったとは言いませんが、重要な政治的目的を担っていたのです」と博士。

側近がこうした本来の政治的目的を果たしたのは20世紀初頭、ラマ5世の治世が最後だ。ラマ5世には150人以上の側室がいたらしい。だが正確には、正式な側室を迎えて一夫多妻生活を送った最後の王はラマ6世だった。ロース博士によれば、ラマ6世はゲイだったとの噂もあり、晩年2人目の妻と結婚したが、1925年、王の生涯と同時に結婚生活も終焉。結婚は、後継ぎとなる男児を生ませるためだったという。

現時点で、シリーナート少将の国王夫人としての公務の詳細は分からない。だがロース博士いわく、国王夫人の実際の役割よりも、写真公開がもたらした効果のほうが重要だという。「国王は非常に大胆な方法で、自分が一夫多妻の王であることを宣言しているのです」と博士は説明する。

タイ国王がおよそ1世紀ぶりに国王夫人を任命した、その理由も謎だ。だがリース博士は、タイの厳格な不敬罪を指摘した。王族について語ることを禁じ、違反した場合は1回につき最高15年の禁固刑を科す、情け容赦ない政策だ。言い換えれば、国王が国王夫人を任命した理由を知る者が内部にいたとしても、好き勝手にしゃべるわけにはいかないのだ。

だが明らかなのは、シリーナート少将の型破りな写真は、何らかの意図があって公開されたということだ。「あの写真は、今日よく見る王室の写真撮影の大部分と同じタイプです」と、ニューヨーク州立大学バッファロー校でアジア研究講座を担当する特任助教授、アマンダ・ケンネル博士は言う。「イギリス王室のケンブリッチ侯爵夫人、キャサリン王妃がよく使う手法です。気取らない写真で、国民に親近感を抱いてもらうんです……国王夫人の称号を授けた直後に数々の写真を公開したのは、シリーナート・ウォンワチラーパック少将を国王夫人として国民に紹介するためだったのでしょう」

今現在、イスラム圏には一夫多妻制を敷く王国もいくつかあるとリース博士は言う。だが、その場合は歴代タイ王室の国王夫人とは役割が異なる。世界のほとんどの国では、君主が合法的に複数の妻を娶るという体制が取られていないことから、マハ・ワチラロンコン国王は一種の意志表明として写真を公開したのだろうとリース博士は言う。「これもタイ政治の伝統のひとつだと国王は主張しようとしているのでしょうが、そうした伝統の中で一夫多妻制が果たした役割とは完全にかけ離れています」と博士は説明した。