「比叡山延暦寺 大書院」×「TSUTAYA BOOKSTORE」3日間限定ストアオープン

天台宗 一隅を照らす運動総本部は、一隅を照らす運動 50周年記念として、”一隅を照らす人になる種を得る”メッセージ体験型カルチャーイベント「照隅祭(しょうぐうさい)」を「比叡山延暦寺」にて、2019年11月2日(土)から11月4日(月・祝)まで3日間限定で開催する。

本イベントは、天台宗総本山である「比叡山延暦寺」を舞台に、エンターテインメント・自然・アート・伝統文化など、様々なジャンルのモノゴトに一隅を照らすというメッセージを組み込み、あらゆる人にとってプレイフル(楽しみ、ひらめき、行動する)な場として形にするもの。TSUTAYA プロデュースによる「東塔 大書院BOOKSTORE produced by TSUTAYA」やコラボレーション演奏会、アート作品展示などを通じて、「一隅を照らす」意識を高め、一人ひとりが自身の置かれている場所や立場でベストを尽くして明るい社会が築かれることを願って開催される。

■ メインイベント
東塔 大書院 BOOKSTORE produced by TSUTAYA
メインスペースとなる東塔(とうどう)では、通常非公開の大書院を会場に、TSUTAYA プロデュースによる期間限定の「東塔 大書院BOOKSTOREproduced by TSUTAYA」が登場。一隅とは何か?という問に「本」というキーワードで応える。

国の登録有形文化財に指定されている大書院は、洗練された書院造で、伝統的にも優れた質の高い日本建築です。今回のイベントでは、大書院内の玄関棟、応接間、桐の間、旭光の間などを、”心の豊かさ”をコンセプトに、豊かさをもたらす 4 つのテーマ 「生命」、「奉仕」、「共生」、「幸福」で空間を分け、テーマに合わせて TSUTAYA が選書した約 1000 冊の書籍を展示、販売する。歴史ある大書院の静かな空間の中で本を楽しむことができる貴重な機会だ。


「照隅祭」 公式サイト