スピーカーセレクター5選|IT&家電ライターおすすめ

【この記事のエキスパート】

IT&家電ライター:秋葉 けんた

IT&家電ライター:秋葉 けんた

編集プロダクション「マイカ」所属のIT&家電専門ライター。
スマホやパソコン、ストレージ、ネットワークなどIT全般のみならず、家電についての執筆実績が多い。書籍、雑誌、新聞、業界誌やWebコンテンツなど、様々な媒体に記事を提供している。
また、広告やカタログ、導入事例といったB2Bの営業支援ツール制作にも携わる。IT系、家電を中心にコンセントにささるいいモノをおすすめしていきます。

略歴
1973年生まれ。
高等学校の教職員勤務経験を経て、マイカに勤務。雑誌や専門誌のライターとして活躍する。
その後、IT流通の専門誌の記事制作を担当し、B2BからB2Cまで幅広い専門知識を獲得。
最近では、Webメディアやオウンドメディアのの編集企画制作も担当。

著書歴
・iCloud&iTunes超使いこなしガイド 2019最新版 (三才ムック)
・今すぐ使えるかんたん はじめる&使える MacBook入門(技術評論社)
・スマホの困ったを解決する本 (三才ムック)
・iPhone超活用ガイド (三才ムックvol.988)
・今すぐ使えるかんたんEx iPhone プロ技BESTセレクション(技術評論社)


スピーカーは、それぞれ個性が少しずつ違います。ジャズ向き、クラシック向き、テクノ向きなど、いくつかのスピーカーをそろえている方もいるでしょう。このようなケースでは、1つのAV機器から、楽曲に適したスピーカーを選んで音楽を楽しみたいもの。そんな要望に応えるのが「スピーカーセレクター」です。こちらの記事では、複数のスピーカーを使い分けられるスピーカーセレクターの選び方をIT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説。おすすめの5商品も合わせて紹介します!

スピーカーセレクターの選び方のコツとは? IT&家電ライターが伝授!

IT&家電ライターの秋葉けんたさんに、スピーカーセレクターを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

切り替えたいオーディオ機器の数やプラグの形状に合わせる

【エキスパートのコメント】

まず確認したいのが切り替え可能なオーディオ機器の数。この数が足りないと切り替えたいオーディオ機器の数を満たせなくなり、結局ケーブルを抜き差しすることになってしまいます。

同時にチェックしたいのが端子の形状。切り替えたいオーディオ機器がバナナプラグやYラグ端子を使用している場合、それらに対応したスピーカーセレクターを選ぶ必要があります。

加えて、もし光デジタル接続の場合、光デジタル端子を搭載したセレクターが必要となるため、こちらもチェックしましょう。

ORB『MC-S0i』:

出典:Amazon

バラ線、Yラグ端子、バナナプラグに対応。3組のスピーカー・アンプの切り替え選択が可能です。

使い勝手を重視するならリモコン付きも○

【エキスパートのコメント】

スピーカーセレクターは、操作方法にボタンやロータリースイッチを採用しているものが多いのですが、リモコンで切り替えられるモデルもあります。このようなセレクターを使えば、手が届かない場所にセレクターを設置しても、オーディオ機器の切り替えが可能になります。

切り替えのためにスピーカーセレクターの本体を操作するのが面倒という人にも、リモコン対応モデルがおすすめです。

DIY派なら安価なセレクターを改造するのも◎

【エキスパートのコメント】

安価に高品質なスピーカーセレクターを手に入れるため、キットやパーツを購入して自作する猛者(もさ)もいます。そこまでしなくても、安価なスピーカーセレクターを改造し、自分好みのセレクターを作成することができます。

音にとことんこだわるDIY派なら、好きなパーツに組み替えてオリジナルのセレクターを作ってみるのもいいでしょう。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)