NEC無線LANルーターのおすすめ5選|IT&家電ライターが選び方も解説!

【この記事のエキスパート】

IT&家電ライター:秋葉 けんた

IT&家電ライター:秋葉 けんた

編集プロダクション「マイカ」所属のIT&家電専門ライター。
スマホやパソコン、ストレージ、ネットワークなどIT全般のみならず、家電についての執筆実績が多い。書籍、雑誌、新聞、業界誌やWebコンテンツなど、様々な媒体に記事を提供している。
また、広告やカタログ、導入事例といったB2Bの営業支援ツール制作にも携わる。IT系、家電を中心にコンセントにささるいいモノをおすすめしていきます。

略歴
1973年生まれ。
高等学校の教職員勤務経験を経て、マイカに勤務。雑誌や専門誌のライターとして活躍する。
その後、IT流通の専門誌の記事制作を担当し、B2BからB2Cまで幅広い専門知識を獲得。
最近では、Webメディアやオウンドメディアのの編集企画制作も担当。

著書歴
・iCloud&iTunes超使いこなしガイド 2019最新版 (三才ムック)
・今すぐ使えるかんたん はじめる&使える MacBook入門(技術評論社)
・スマホの困ったを解決する本 (三才ムック)
・iPhone超活用ガイド (三才ムックvol.988)
・今すぐ使えるかんたんEx iPhone プロ技BESTセレクション(技術評論社)


現役IT&家電ライターの秋葉けんたさんに聞く、NEC製の無線LANルーターの選び方とおすすめ製品5選を紹介します。「無線LANルーター」は、ケーブルを引かずどこでもインターネットを楽しめる便利なアイテム。スマホやパソコン、テレビなどをインターネットに接続するために欠かせないネットワーク機器です。多くのメーカーから販売されていますが、本記事では、NEC製の無線LANルーターに焦点を当てました。NEC独自の機能も紹介しますので、ぜひ商品選びの参考にしてください。

NEC無線LANルーターの選び方|IT&家電ライターに聞く

IT&家電ライターの秋葉けんたさんに、NEC無線LANルーターを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。

接続台数が多いなら、混雑を回避できるモデルを

【エキスパートのコメント】

電波が干渉したり、周波数帯が混雑したりしているとWi-Fiの速度が低下します。状況に応じて、接続するチャンネルや周波数帯を変えればいいのですが、状況をモニターしながら変更するのは容易ではありません。

状況に応じてチャンネルを変更する「オートチャンネルセレクト」機能や空いている周波数帯に誘導する「バンドステアリング」機能などに対応したモデルを選べば、快適なWi-Fi環境を構築できます。

NEC『Aterm WG2600HP3』:

出典:Amazon

オートチャンネルセレクトやバンドステアリング機能に対応。電波の干渉や混雑を回避し、高速で安定した通信が可能です。

ゲームやインターネット動画を楽しむならIPv6対応を選ぼう

【エキスパートのコメント】

夜、インターネットが遅くなる……。そういうケースは少なくありません。光回線など高速な回線を用意しても、たくさんの人がインターネットを利用する時間帯は、速度が低下してしまうのです。

この問題を回避する新技術が「IPv6」。プロバイダーとルーターが対応していれば、ネットの遅延を解決します。プロバイダーによっては、IPv6オプションに加入する必要もあるので、使用しているプロバイダーに問い合わせるといいでしょう。

電波を「見える化」すれば、セキュリティ対策も万全

【エキスパートのコメント】

Wi-Fiは、SSIDやパスワードがわかれば誰でも使うことができます。そのため、これらの情報がもれてしまい、第三者がWi-Fiをただ乗りするケースも……。

NECの無線LANルーターは、接続している端末を見える化する「見えて安心ネット」機能がついているモデルがあります。この機能を使えば、誰がどの端末を使っているのかが一目瞭然。把握していない端末は接続を拒否することもできます。

NEC『Aterm WG1200HP3』:

出典:Amazon

子どもがいる家庭でも利用しやすい無線LANルーター。見えて安心ネットを搭載し、セキュリティにも配慮されています。

広範囲に届く「ワイドレンジアンテナ」か、「中継器」か

【エキスパートのコメント】

無線LANルーターで気になるのが「電波」が届く方向や強さ。縦に長い戸建てと横に広いマンションとでは、それぞれ最適な無線LANルーターが異なります。しかし、NECの無線LANルーターは360度電波が届く「ワイドレンジアンテナ」を搭載した機種や、無線性能を向上させた「ハイパワーシステム」対応機種などがあります。これらを使えば家の隅々まで電波が届き、快適で高速なインターネット通信を楽しめます。

仮にワイドレンジアンテナやハイパワーシステムでも電波が届かない場所がある場合、無線LANの電波を中継する「中継器」を使うといいでしょう。設置場所を工夫すれば、どんな大きな家でも快適にインターネット通信できるようになります。

他社からの乗り換えに「Wi-Fi設定引越し機能」が便利

【エキスパートのコメント】

NECの無線LANルーターは、他社製の無線LANルーターや買い換え前のモデルから設定を引き継げる「Wi-Fi設定引越し機能」を搭載したモデルがあります。

これらのモデルを購入すれば、無線LANルーターを買い換えても、以前の環境をそのまま引き継ぐことができ非常に便利です。ワンタッチでWi-Fi設定が引っ越せるので、設定が苦手という人にもおすすめです。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)