【除湿空気清浄機】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選

【この記事のエキスパート】

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー:東雲 八雲

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー:東雲 八雲

ブルータス、テッカブル、インプレス、ゲットナビ、モノマガジンなどで編集を行うモノ系ライター。

ファッションや家電のスペックだけでなく、ストーリーやブランド性まで加味して良い品を探すのが好き。

週6日の秋葉原・銀座ウォッチや、海外製品の調査まで、とにかく人よりいい品を探すのが大好き。(今まで購入した家電で家が1軒建つとか建たないとか。)


家電コンシェルジュが選ぶ除湿空気清浄機5選をご紹介します。空気中を漂う花粉やハウスダストを集じん、消臭しながら、結露の原因になる余分な水分を取り除いてくれる除湿空気清浄機。室内干しをする家庭の強い味方になってくれます。そんな除湿もできる空気清浄機ですが、一見すると機種やメーカーごとの違いがわかりにくいですよね。そこで、家電コンシェルジュの東雲八雲さんに除湿空気清浄機の選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。購入する前にぜひ参考にしてみてください。また、最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもあわせて参考にしてみてくださいね。

除湿空気清浄機の選び方|家電コンシェルジュに聞く

家電コンシェルジュの東雲八雲さんに、除湿空気清浄機を選ぶときのポイントを教えてもらいました。除湿空気清浄機を選ぶ際には、どの様な点に注目するとよいのでしょうか?

コンプレッサー式かデシカント式か? どちらを選ぶか

【エキスパートのコメント】

除湿空気清浄機に使用されている除湿方式には、大きく分けて2つの方式があります。ひとつはコンプレッサー式。エアコンの除湿機能と同じ原理で動くこの方式は、少ない消費電力で除湿能力を発揮します。

もうひとつはデシカント式です。乾燥材で水分を吸収し、ヒーターで脱水する方法をとります。この方式はコンプレッサー式よりも高い除湿能力をもつのが特徴です。低温の場所の稼働も得意です。電気代を考えると、コンプレッサー式のほうが比較的ランニングコストが安く抑えられますが、大きな部屋や高い湿気の場合には、デシカント式を選ぶとよいでしょう。

部屋干しに便利な機能がついているか

【エキスパートのコメント】

除湿機能がついていても、一方向に風を当てることしかできなければ、乾きムラが発生するため衣類乾燥には不向きです。ルーバーが広範囲にスイングするかと、強い風量が出るかはチェックしておきたいポイントです。

また空気中にイオンを放出し、部屋干し時に出る生乾き臭を抑えやすくしてくれる商品もあります。部屋干しをする家庭では、部屋全体の除湿機能だけではなく、部屋干し対策の機能があるかどうかもチェックしてみてください。

除湿機能を連続で使う場合はタンク容量をチェック

【エキスパートのコメント】

湿気がたまりやすい家や、洗濯物を干すことが多い家庭では、除湿機能をつねにつけているというケースも多いはず。その場合は除湿能力だけではなく、排水タンクの容量に注意が必要です。除湿能力が高い分、タンクの容量も大きくなければ、排水の回数が増えてしまいます。

1日に除湿できる水分の量とあわせて、排水タンクの容量も確認するように心がけてください。一部にはホースをつないで本体の外に排水する機能が備わっている商品もありますよ。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)