目を奪われるビスポークのロールス・ロイス カリナン公開│カラーの名は?

カーコレクターであるマイケル・フックスがカスタム注文したビスポークのロールス・ロイスが公開された。フックスは10年以上にも渡り、ロールス・ロイスへ発注を行ってきている人物だ。

「マイケルはロールス・ロイスの特別なパトロンの一人です。彼のクリエーションアイデアで様々なエクステリアカラーのチャレンジをすることができます。ロールス・ロイスが持つ可能性を広げてくれているのです」とロールス・ロイスCEOはコメント。



ロールス・ロイスの拠点であるグッドウッドにてビスポークデザインチームとカラー開発チームが一丸となり仕上げられたこのカリナンは、フックス・オレンジと名付けられたカラーを身にまとっている。フックスが南アフリカで見た女性が身にまとっていた活気溢れるオレンジのドレスに目を奪われ、そこから着想を得たカラーである。7層のカラーが重ねられ、ホイールはブラックカリナン同様となっている。

インテリアはハンドクラフトのアークティックホワイトレザーを基調に仕上げられ、ステッチなどのアクセントにはオレンジが用いられている。ステアリングやカーペットもホワイトで、随所にビビットなオレンジが添えられている。





フックスは、カラフルなビスポークモデルを150台以上所有しており、ユニークなカラーのロールス・ロイスは彼のコレクションの中でも特にアイコニックで、これまでにフックス・パープル・キャンディーやフックス・イエローなど、バラエティに富んだカラーの1台を注文してきている。彼とのコミッションによって、ロールス・ロイスはカスタムの世界が広いことをアピールする機会ともなっており、ビスポーク部門を手がけているハンドクラフトの技術もここで表すことができているとのこと。