七尾圭太(眞栄田郷敦)

大泉洋が主演を務める日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第7話が、8月25日に放送される。

同ドラマは池井戸潤の同名小説が原作。ヒットメーカーの伊與田英徳プロデューサーと福澤克雄監督が映像化を手がける。大泉が演じる大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人は、出世レースの先頭に立ち、幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、本社から府中工場に飛ばされてしまう。総務部長として工場に赴いた君嶋だったが、さらなる厄介事が発生。かつては強豪だったが、現在は成績不振にあえぐトキワ自動車のラグビーチーム「アストロズ」のGMを兼務するように命じられてしまう。ラグビーの知識も経験もない君嶋が、チーム再建に取り組む姿を描く。

第6話では、眞栄田郷敦演じる七尾圭太が「アストロズ」に加入。レギュラーチームとの紅白戦に控えチームの一員として出場すると、圧倒的なスピードとテクニックで鮮烈なデビューを飾った。この様子にインターネット上からは「想像以上にうますぎてビックリ。ドロップゴールの連発はもちろん、俊敏なプレーと判断能力は日本代表レベル」「キックパスは、本当に鳥肌ものでした」「男らしくてカッコよすぎる」などと絶賛の声が相次いだ。七尾は「アストロズ」の救世主となるのか?

<第7話あらすじ>
「アストロズ」に七尾(眞栄田)が加わった。スピードとテクニックを誇る七尾だが、絶対エース・浜畑(廣瀬俊朗)とポジションが被る。紅白戦では控え組が勝ったとはいえ、浜畑・里村(佳久創)のレギュラーコンビの壁は厚く、七尾と佐々(林家たま平)は練習でやり込められる日々が続いていた。そんな中、「サイクロンズ」の津田監督(渡辺裕之)は秘密裏に浜畑に接触し……。

一方、君嶋(大泉)はトキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)の元を訪れていた。以前に星野から聞いたタンカー座礁事件とカザマ商事のオイルの関係が気になっていたのだ。星野がオイルと事故の因果関係を調査した森下教授(辻萬長)に改めて確認したところ、事故の原因とは関係ないとの結論が出たという。星野は取り越し苦労だったと謝るが、津田と浜畑の密会を見た者がいるとまたもや君嶋が仰天する情報を伝える。