映画『ロケットマン』監督が語る製作秘話、Your Song誕生の瞬間は本当に「特別」

「史上最も売れたアーティスト」の1人として、今も君臨し続けるシンガー・ソングライター、エルトン・ジョンの波乱万丈な半生を描いた映画『ロケットマン』が遂に日本で公開された。ローリングストーンジャパンは、監督を務めたデクスター・フレッチャーにインタビューを敢行。制作裏話や作品の魅力について聞いた。

父親の愛情に恵まれない幼少期を過ごしながらも、ピアノと出会い才能を開花させたエルトンは、作詞家バーニー・トービンとの出会いによって次々とヒットソングを生み出していく。しかし、過度のドラッグやアルコール依存により更生施設での生活を余儀なくされるなど、栄光と挫折を繰り返してきた。本作は、そんな彼のライフストーリーを、史実に基づいたドキュメンタリー方式ではなく「虚構をも織り交ぜたミュージカル仕立ての作品」に仕立て上げたことにより、エルトン自身の姿をより鮮明に浮き彫りにしているのが特徴だ。

ド派手な衣装に身を包みながらも、常に孤独と戦い続けてきたエルトン。演じるのは、『キングスマン』シリーズやミュージカル・アニメ映画『SING/シング』などで一躍脚光を浴びたタロン・エガートン。本作において自ら製作総指揮を務めたエルトン・ジョン本人から、「僕を演じられるのは彼しかいない」とお墨付きをもらうだけあって、その歌唱力は圧巻。中でも白眉は名曲「Your Song」が生まれるシーンだ。自宅リビングのピアノをつまびきながら、徐々にメロディのカケラを紡ぎ上げていく様子は「音楽の奇跡」を目の当たりにしているようで鳥肌が止まらなくなる。タロンの表現力と歌唱力は言うに及ばず、ジョージ・マーティンの息子であり、これまでビートルズの膨大なデモテープ(名曲のカケラ)と向き合ってきたジャイルズ・マーティンが音楽監督を務めているだけある。

今回ローリングストーンジャパンでは、監督を務めたデクスター・フレッチャーにインタビューを敢行。『ダウンタウン物語』や『エレファント・マン』に子役として出演経験のある彼は、成人後も『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』や『キック・アス』、『アニー・イン・ザ・ターミナル』などに出演。クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』では撮影後のプリプロダクションを務めている人物である。20分と限られた時間だったが、エルトンへの思いやタロンの印象、くだんの名シーンが生まれた背景などたっぷりと語ってくれた。

──今回、エルトン・ジョンの伝記的な映画でメガホンを取ることになった経緯を教えてください。

映画のプロデューサーのマシュー・ヴォーンが以前、『イーグル・ジャンプ』という僕の監督作品の製作を担当していてね。その時に主演を務めていたのもタロン・エガートンだったのだけど。で、マシューが「またタロンを主人公にして、エルトン・ジョンの伝記映画をやろうと思っている。ついてはぜひ君に監督をしてもらいたいのだけど、どうかな?」って言われてさ、断る理由なんかないだろう?(笑) 二つ返事で引き受けた。その時点で既に脚本も仕上がっていたので、そこに自分なりのアイデアを入れるためにマシューと何度も打ち合わせて。そのあとは急ピッチで進んでいったね。


©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


──あなたは俳優として、マシュー・ヴォーンが製作を務めた『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』や、彼の出世作『キック・アス』にも出演していましたし長い付き合いなのでしょうね。『ロケットマン』ではエルトン・ジョンのどんな部分を引き出したいと思いましたか?

多くの人と同様、僕も子供の頃からエルトンの楽曲をたくさん聴いて育った。もともと大ファンだったし、映画の製作を通して彼と知り合い、その人となりをより深く知ってますます好きになったよ。こんな言い方は高慢に聞こえるかもしれないけど、この作品づくりに関わることで、エルトン・ジョンの偉大なる伝説の一部になったというか……彼自身のキャリアに貢献できるほど光栄なことなどこの世にないよね(笑)。こんなチャンス、なかなか巡ってこないと思うし僕は本当にラッキーだ。質問の答えになっているかな(笑)。つまり、若い人の中には「エルトンの歌は知ってるけど、どんな人なのか知らない」という人もきっと多いと思うので、この映画を通してより多くの人にエルトンの魅力を知らしめられたらいいなと思っているよ。

──子供の頃からのライフストーリーを、エルトン本人の楽曲をBGMに紡いでいくという形は非常にユニークかつ、トリッキーだと思ったのですが、そのアイデアは脚本の段階から既にあった?

うん。脚本の段階から既にミュージカル映画として構築されていたよ。僕自身も『サンシャイン/歌声が響く街』というミュージカル映画を作った経験があるのだけど、音楽を通して人の内面や感情を伝えるという特殊なストーリー展開が、ミュージカルの魅力だと思う。

だって、音楽ほど万国共通の表現ってないと思うんだ。全ての垣根を一瞬にして超えられる力を持っているだろう? 例えばある一定の観念や概念、価値観みたいなものを映画のテーマに据えたとしても、それをダラダラ説明するのってもどかしくなることが多いけど(笑)、音楽を使えばほんの数秒の旋律を奏でただけで、人々の心をグラグラと揺さぶることができる。とにかく手っ取り早い表現方法だよね。しかも今回は、音楽がエルトン・ジョンで、それを歌うのがタロンなのだからね。


©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

──「鬼に金棒」ですね(笑)。今回、制作総指揮を務めたエルトン本人は「タロンほどうまく歌う人は他にいない。タロンしかいない」と彼を絶賛したと聞きました。しかも、自ら書きためていた回想録や、これまで着用してきた全ての衣装をタロンに見せるなど、全面協力を惜しまなかったそうですね。

そう。エルトンは今回、自分の中のダークな部分も包み隠さず見せていいと太鼓判を押してくれたわけで、フィルムメーカーとしては最高に興奮させられたよ。

──実際、『ロケットマン』が、ここまで見応えのある作品になったのは、なんといっても主演を務めたタロン・エガートンの熱演と歌唱力によるところが大きいですよね。演劇学校時代、周囲の薦めで出場した歌唱コンテストにて優勝を果たした経験を持つ彼は、ミュージカル・アニメ映画『SING/シング』(2016年)でゴリラの少年ジョニーを演じ、そこでエルトンの楽曲「Im still standing」を歌っていました。しかも、タロン主演の『キングスマン: ゴールデン・サークル』にエルトンがカメオ出演するなど、何やら運命的なものを感じます。先ほどもおっしゃっていたように、あなたとタロンは今回が二度目のタッグとなりますが、彼の印象はどのようなものでしたか?

彼ほど自分の演技に対して真摯に向き合う俳優はいないね。それと、これはエルトンにも共通している部分だが彼は絶対に妥協しない人間だ。自分が納得いくまでとことんやるタイプで、そこは役者として本当に素晴らしいと思う。

彼の真髄は、「大胆さ」と「勇敢さ」にあるかな。この映画なんて、まるで窓ガラスのない高層ビルの淵に常に引っ掛けているような状態というか(笑)。一歩間違えたら真っ逆さまに落ちていってしまうようなところを、悠々と渡り歩いているような感じがするんだよね、彼の演技を見ていると。


©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


──確かにそうですね。

「エルトン・ジョン」という強烈なパブリック・イメージを演じるにあたって、決してモノマネにならないよう、あくまでもこの映画の中に息づく主人公をタロンなりに解釈した上で、エルトン像に最終的に落とし込んでいる。考えれば考えるほど、複雑な役作りが必要だよね。それを見事にやってのけた彼にはリスペクトしかない。しかもエルトン・ジョンの人生はとにかく浮き沈みが激しいから(笑)、多層的で奥深い演技が要求される。要するに彼は、そのキャリアの絶頂期にも底知れぬ孤独を抱えていたし、逆にとことんどん底まで沈んでいた時ですら一筋の希望の光を見出していた。そうやって「光」と「闇」が常に引っ張り合っているのがエルトンの人生であるし、それを表現できる俳優はなかなかいないと思うんだ。

──映画の中でとりわけ印象的だったのが、「Your Song」が出来る過程です。バーニーの歌詞を前に、ピアノを爪弾くエルトンが徐々に曲を形作っていく……あの素晴らしい演出はどのようにして生まれたものでしょうか。

なるべくシンプルに仕上げるということを心がけた。というのも、本当にあの瞬間って「特別」だったと思うんだよ。もちろんそれは「Your Song」という曲の力でもあるのだけど、バーニー・トーピンという生涯の友人……ロマンティックな関係ではないけれども、あの2人の間に流れていたのは間違いなく「愛」だった。心からお互いをリスペクトし合い、敬愛していたからこそ成り立つ関係というか。幼少の頃、父親の愛に恵まれなかった彼は、生涯を通じて「愛」を求め続けてきた。そして彼が本当に必要としている「愛」は、バーニーとの間に流れていたわけだよね。ありのままの自分を受け入れ、どんな時でも支えてくれる友人っていう。そしてそれこそが愛なんだっていうこと。そこにエルトン自身が気づくという、象徴的な場面だったと思うんだ。

シチュエーションとしては、本当にありきたりで他愛のない日常の一コマなんだよね。お母さんも、おばあちゃんもバーニーも、同じ屋根の下でそれぞれの日常を過ごし、そばでピアノに取り組むエルトンには全く気を払っていない、演出する上では、その日常的なシチュエーションをできる限りシンプルに描いたからこそ、そこに突然訪れる「魔法のような瞬間」が、より際立ったんじゃないかな。


©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

──そろそろ時間が来てしまったようなのですが、今おっしゃった「愛」について最後にお聞かせください。エルトンは同性愛者であることをカミングアウトしていて、本作でもそのことはしっかりと描かれています。監督自身、このところ機運が高まっているLGBTの問題についてはどう捉えていて、それを映画の中でどう表現しようと思いましたか?

今はみんな、必要以上にセンシティブになっている。腫れ物に触るような感じでトピックを扱っているように感じることが多いかな。特に映像作品はそうだよね。今回、エルトンとジョン・リード(リチャード・マッデン扮するエルトンの元マネージャー&元恋人)のラブシーンを描いていて、それが大きな話題を呼んでいる。でも、僕にとってラブシーンが男性同士だろうが女性同士だろうが、男女によるものだろうが何も変わらないし、そこに大きな違いはないと思っている。2人の人間が愛し合っているシーンをただ撮っただけなんだよ。


ロケットマン
全国劇場にて公開中
監督:デクスター・フレッチャー『ボヘミアン・ラプソディ』 製作総指揮、監督
脚本:リー・ホール『リトル・ダンサー』
製作:マシュー・ヴォーン『キングスマン』シリーズ、エルトン・ジョン
キャスト:タロン・エガ-トン『キングスマン』シリーズ、ジェイミー・ベル『リトル・ダンサー』、
ブライス・ダラス・ハワード『ジュラシック・ワールド』、リチャード・マッデン「ゲーム・オブ・スローンズ」
©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.