「ガンダム Gのレコンギスタ」の設定資料などを展示する「Gのレコンギスタミュージアム」

 8月24日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開幕したアニメやゲームなどポップカルチャーの大型イベント「C3AFA TOKYO 2019」で、人気アニメ「ガンダム」シリーズの「ガンダム Gのレコンギスタ」の設定資料などを展示する「Gのレコンギスタミュージアム」が公開された。ミュージアムには、富野由悠季総監督のインタビューを映像を公開。絵コンテやモビルスーツ、モビルアーマー、キャラクターの資料なども展示されている。

 「ガンダム Gのレコンギスタ」は、「ガンダム」シリーズの35周年記念作品の一つとして2014年10月~2015年3月に放送。地球のエネルギー源を宇宙よりもたらすキャピタル・タワーを守るキャピタル・ガードの候補生ベルリ・ゼナムの冒険を描いた。テレビアニメ全26話に新たなカットを追加した全5部作の劇場版を製作。第1部「行け!コア・ファイター」が今秋、公開される。

 C3AFA TOKYOは、自主制作の模型の展示会から発展したイベントで、バンダイスピリッツやグッドスマイルカンパニー、メガハウスなどが出展。25日まで。