映画「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」のビジュアル (C)2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会

 今週公開される映画の注目作をピックアップする「今週シネマ」。8月23日に劇場版「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」(瑠東東一郎監督)、劇場版アニメ「二ノ国」(百瀬義行監督)が公開された。

 「おっさんずラブ」は、2018年4月期にテレビ朝日系で放送され話題となったドラマ。女好きだけどモテない独身男子・春田(田中圭さん)が、ルームシェアをすることになったイケメン後輩男子・牧(林遣都さん)と、乙女心を持つ有能な部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎さん)という男性2人に愛の告白をされ、未曽有のモテ期に突入する……というラブストーリー。

 劇場版は、春田と牧が永遠の愛を誓ったドラマのラストから1年後が舞台。沢村一樹さん、志尊淳さんという新キャストが参加し、「前代未聞の五角関係おっさんのラブ・バトルロワイアル」が開幕、熱い恋の火花を散らす。内田理央さん、金子大地さん、伊藤修子さん、児嶋一哉さん、眞島秀和さん、大塚寧々さんもドラマ版から引き続き出演する。

 「二ノ国」は、ゲーム「妖怪ウォッチ」や「レイトン教授」シリーズで知られるレベルファイブの手がける人気RPGシリーズの世界観に基づき、製作総指揮と原案・脚本を同社の日野晃博社長が手がける。音楽は久石譲さんが担当。

 学校一の秀才で普段は車椅子を使っているユウ、バスケ部のエースで人気者のハル、ハルの彼女のコトナの幼なじみ3人は、いつも一緒に過ごしていた。ある日、魔法世界「二ノ国」へ迷い込んだユウとハルは、コトナにそっくりなアーシャ姫に出会う。アーシャ姫とコトナは死の呪いをかけられ、どちらかの命しか救えないという残酷なルールを知ったユウとハルは決断を迫られる……。俳優の山崎賢人さんがユウ、新田真剣佑さんがハル。女優の永野芽郁さんはコトナとアーシャ姫の2役の声優を務めている。    このほかに、女優の南沙良さん主演の青春映画「無限ファンデーション」(大崎章監督)が同月24日に公開された。