『劇場版おっさんずラブ』監督が伝えたかった「人間愛」

社会現象にもなったドラマシリーズが、映画になって帰ってきた。『おっさんずラブ』は、うだつの上がらないサラリーマン春田創一(田中圭)をめぐり、上司の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と後輩の牧凌太(林遣都)が「恋の鞘当て」を繰り広げるピュアなラブストーリー。

劇場版となる本作『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』には、3人はもちろん、ドラマでお馴染みのキャラクターが勢揃いするほか、沢村一樹や志尊淳らが演じる新キャラクターも多数登場。笑いあり涙あり、映画ならではのサスペンスからスペクタルなシーンまで満載の、スケールのビッグな作品に仕上がっている。

都市の再開発や、中国企業の進出など現代日本が抱えるトピックを散りばめ、名画のパロディなど「遊び心」も忍ばせながら、やはり核となるのはこれまでと同様に人間愛。ドラマのラストで無事成就した、春田と牧の関係がその後どうなったのか、黒澤の新たな恋は始まったのか。そもそも「LOVE or DEAD(愛か、それとも死か?)」という意味深なタイトルに込められたメッセージとは……?

ドラマシリーズでも演出を手がけ、本作では監督を務めた瑠東東一郎に話を聞いた。

─ドラマ版『おっさんずラブ』が、ここまでヒットした理由はどこにあると分析しますか?

「ヒットした理由」について、僕が申し上げるのはおこがましいのですが……(笑)。ただ、田中圭くんをはじめ俳優陣やスタッフたちが共通認識として持っていたのは、「熱量はちゃんと通じるのだな」ということですね。扱っているテーマは見方によってはデリケートな側面もあるのですが、だからこそ本当に全力で取り組まなければならない。それは、笑えるシーンであっても、シリアスなシーンであっても同じなんです。脚本も演出も、演技だって「嘘をつこう」と思えばつけるわけですから。

─というと?

例えばラブシーンを演じるとき、「好きなふり」なら簡単にできる。「でも、それはやめよう」と。どんな形の恋愛にせよ、少なくともその相手を「1人の人間」として、本気で愛している関係をしっかり描く。現場にいた僕たちは全員そう思っていましたし、それがテレビの画面を通して視聴者にも伝わると信じていたんですよね。そういう熱量が、ちゃんと伝わったからこそヒットというものに繋がったのかもしれないですね。僕らとしては、ヒット云々は抜きにして「伝わった」という事実を嬉しく思っていました。



─では、本作『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』の脚本を読んで、どんな作品にしたいと監督は思いましたか?

映画ならではの壮大な映像を『おっさんずラブ』で見せるのであれば、それがちゃんと「笑い」になってほしいと思いましたね。全力で取り組んでいる姿の可笑しさというか、ズレの面白さみたいなところこそ『おっさんずラブ』の真骨頂ですからね。

ただ「映画だから」ということに対して、必要以上に肩肘張らないものにしたいなと。もちろん、気合いは充分なのですが(笑)、やることは今までと変わらず真っ直ぐブレないように。それをでっかい画面で表現できたらいいなと。


「嫉妬」や「言葉の裏側」というテーマが出てきた背景

─狸穴迅(沢村一樹)や山田正義(ジャスティス)(志尊淳)など、映画で初めて登場するキャラクターの設定や描写で心がけたことは?

そこもドラマシリーズと同じですね。生身のまま全力でぶつかっていくのが『おっさんずラブ』という作品なので、そんな熱量たっぷりの、嘘のない世界の中でお互いぶつかり合おうと思っていました。役者の皆さんは、見事に応えてくださいましたね。

─映画版を作るにあたって難しかったのは、どんなところですか?

ドラマのラストで春田創一(田中圭)と牧凌太(林遣都)が結ばれて、そこである程度やりきった感がスタッフやキャストの中でもあったので、そこを自分たちで「超えていかなければならない」というのが現場での共通認識でした。その作業は当然大変でしたし、苦しみましたね。ともすれば「あれでキレイに終わっていたのに、なんでまた蒸し返すの?」って言われかねないわけですからね。

なので、映画の中で2人の関係性がどう展開していき、完結してゆくのか……。描くのは大変でしたが、結果的にドラマシリーズよりも、もう一つ深い関係まで進めたかなと思っています。そういう2人のお芝居を撮れた時点で、この映画は「絶対に良いものになる」という確信がありました。



─今回、2人の関係性に生じた新たな感情として、「嫉妬」というものが大きな要素だったのかなと思います。相手が成長していく中で、自分だけが取り残されたような気持ちになってしまうことって、現実社会でもよくありますよね。そこはどんなふうに考えながら撮影していましたか?

確かにドラマシリーズでは、その時にバーッと爆発的に燃えた感情だったし、それで2人は結ばれたわけですよね。でも、そういう関係も1年後にはいろんな変化が生じていきます。単純に好きだけで一緒にいたのが「これからどうするか」「将来に対し、どう向き合っていくべきか」という葛藤は、どんなカップルでも生まれるわけじゃないですか。そこを深く描かないことには、ドラマ版を超えることはできない。そう思った時に、「嫉妬」や「言葉の裏側」というテーマが出てきたんだと思います。

本当は言いたくないのに、言わなくてもいいことを嫉妬にかられて言ってしまうことって誰にでもありますよね。なぜそんなことをしてしまうかというと、それだけ愛しているからだと思うんです。そういう、愛の深まり方の表現の一つとして、真逆の「嫉妬」を作っていくように僕は心がけましたね。そして愛が深まるからこそ、素直に伝える事が出来ない「言葉の裏側」の心情を表現する事を大切にしました。そこは田中圭くんも、林遣都くんも、同じように考えながら演じてくれていたと思います。

─その嫉妬を、2人がどう乗り越えていくかも映画の見どころの一つですよね。自分の幸せじゃなく、2人にとっての幸せを考えられるようになるには、どうすればいいのかという。

おっしゃる通りです。

─「自分の幸せ」でもなく「相手の幸せ」でもなく「2人の幸せ」を考えることが「愛」だというのは、ドラマ版でも描かれていたように思いました。黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と西園寺蝶子(大塚寧々)の関係性でも描いていますよね。元々夫婦だった2人ですが、「離婚」という選択肢を選んだことで、より「人間愛」に近づいていく過程はリアルだったし、夫婦関係を解消することで、以前よりも良好な関係を築けるようになっていくというのは一つの救いだなと。

そう思ってもらえたなら嬉しいですね(笑)。


監督が影響を受けた映像作家

─ところで、監督自身はどんな映像作家に影響を受けましたか?

映像だと僕はトニー・スコットにめちゃくちゃ影響を受けていると思います。当然、『トップガン』とかから観ていたのですけど、やっぱり『ドミノ』以降、『デジャヴ』もそうですが、彼ならではの映像装飾を一つ確立したじゃないですか。そこにめちゃめちゃ触発されたし、影響も受けていると思います。映像面での影響は、やはり海外の作品からが大きいかもしれないですね。

─芝居の撮り方に関してはどうですか?

僕は、いわゆるドラマ畑や映画畑をまっすぐ歩いてきた人間ではないんです。テレビでバラエティ番組を作っていたので、そこでの経験はとても勉強になりましたね。最初にお話しした、「嘘をつかない」「生っぽく撮る」ということを意識したのは、バラエティを手がけたことがとても大きい。例えば、怒りを表現する芝居で机とかを「ドン!」って叩くの、嘘っぽいじゃないですか(笑)。「クールなキャラクターはこんな感じで、だったら怒るときはこんな感じやろ」みたいに作られた表現は、嘘くさく感じてしまうんですよ。そんなテンプレではなく、その人自身の感情表現に落とし込みたいんです。

例えば僕が思うクールと、ライターさんが思うクールは違うわけで。クールを演じたときの所作にしても、全然違うものになりますよね。そんなふうに、まず人がいて、そこから演じ方を考えるという演出の仕方はバラエティがベースにあるのかなと。『おっさんずラブ』でも、キャラクターに役者をハメるんじゃなくて、その役者が生き生きするようにキャラを寄せていくというか。そのための演出を現場では一生懸命考えていましたね。

─だからこそ、役者さんの魅力が存分に引き出されたドラマになったんでしょうね。では最後に、この作品を通して監督が訴えたいことを改めて聞かせてください。

やはり「人間愛」です。人と人が出会うと、必ずそこには葛藤が生まれるわけじゃないですか。それを乗り越えていくのは「人間愛」だと思うんですよね。「人間愛」について、どれだけ深く突き詰められるかが『おっさんずラブ』のテーマなのだと思います。


<INFORMATION>


©2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会

『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』
全国劇場にて公開中
配給:東宝

監督:瑠東東一郎 脚本:徳尾浩司 音楽:河野伸
主題歌:スキマスイッチ「Revival」(AUGUSTA RECORDS/UNIVERSAL MUSIC LLC)
出演者:田中圭 林遣都 内田理央 金子大地 伊藤修子 児嶋一哉・沢村一樹 志尊淳・眞島秀和 大塚寧々 吉田鋼太郎
https://ossanslove-the-movie.com/