Snow Manと若手芸人たち

Snow Manが、8月30日(金)25時35分から放送の『7G~SEVENTH GENERATION~』(フジテレビ※関東ローカル)に出演。“真のスター”を目指し、若手芸人たちとバトルを繰り広げる。

平成から令和になった今、バラエティ界には“第7世代”と呼ばれる、実力派揃いの芸人たちがひしめきあっている。その新たな波は、お笑い界に留まらず、なんとジャニーズにも! ジャニーズアイドルとお笑い芸人が、新時代のテレビバラエティを担うスター候補である“第7世代”として、未来の“真のスター”を目指して勝負をする特別企画。

芸人界の“第7世代”からは、『M‐1グランプリ2017』の決勝に進出し、すでに大阪ではテレビ・ラジオのレギュラーを持つ漫才コンビ・さや香、自身のYouTubeチャンネルでは登録者数20万人を超え、中高生を中心に人気沸騰中のトリオ・四千頭身、それぞれが高学歴のインテリ漫才コンビ・さすらいラビーの3組が参戦する。

この番組のテーマはずばり「ゴールデンで通用するタレントになるために、頑張る」。7Gの“G”はジェネレーションの“G”でありながら、ゴールデン“G”で通用するタレントになるために頑張る“G”という意味だ。

MCを務める西野亮廣の「結果を出せばうまくいくし、ダメなら“あいつらまだまだだな”となる」と厳しい一言から始まったオープニングトーク。しかしSnow Manはひるまない。目黒蓮は、地下鉄の車内でSnow Manが表紙を飾り話題になった「anan」の中づり広告を見つけると「周りが自分のことに気付いてもらえないかな」とにやついたエピソードを明かす。西野に「ガチ痛いな」と突っ込まれてもトークを続行する。

宮舘涼太は、Snow Manとは別に「KC(亀梨クラブ)」に属していると明かし、亀梨和也、山下智久、横尾渉と肩を並べていると得意顔に。「3人には負けないことは?」と聞かれると、「とっさに○○ができる」と即答する。

一方、阿部亮平は、ジャニーズとは全く関係ないカズレーザー(メイプル超合金)が率いるとある会に参加していると告白。プライベートで貸し会議室にて行われている4時間くらいかけて行う“活動”に、一同は盛り上がる。

他にもメンバーが発するコメントやエピソードはハイクオリティで、芸人たちも負けていられない事態に。彼らが新世代のスターの座を勝ち取るために挑んだ芸とは?