サマソニ現地レポ BLACKPINKの快進撃は続く、幕張を揺るがした無敵モード

EDMアクトを中心に、スタジアム/アリーナ・クラスのアーティストが国内外から顔を揃えた最終日のMARINE STAGE。ひとつ前のスロットに出演したPerfumeのあ〜ちゃんが「さあ、このあとはBLACKPINKだよ。楽しみだね〜!」と弾けるような笑顔でバトンを繋ぐと、いよいよ8カ月ぶりの来日を果たしたBLACKPINKがサマソニに初登場だ。

今さら言うまでもないが、2019年のBLACKPINKの活躍はまさに破竹の勢いだった。今年1月にLISAの故郷タイ・バンコクから「BLACKPINK WORLD TOUR IN YOUR AREA」をキックオフし、翌月に『ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア』や『グッド・モーニング・アメリカ』で全米TVデビューを飾り、4月には2週にわたってコーチェラ・フェスティバルへ出演。その後は北米、ヨーロッパ、マカオ、オーストラリアを巡るワールドツアーを経て、7月に再びバンコクで3デイズのアンコール公演を行ったばかり。サマソニは東京のみの出演だったが、前日には「a-nation 2019」で久々となる日本でのオンステージを実現していたわけで、パフォーマーとしては文字通り脂の乗り切った無敵モードなのである。

気温が35度に迫る灼熱の中、MCを務めるサッシャが「押さないで!」と何度も注意を呼びかけるほど、アリーナ前方は立錐の余地もないすし詰め状態。筆者はスタジアム全体が見渡せる2Fスタンド席を確保したが、公式グッズのペンライトを掲げたBLINK(BLACKPINKファンの愛称)もかなりの人数が確認できる。おそらく多くのファンが気になっていたのが、コーチェラのライブ・ストリーミングでも話題を呼んだバンド・セットを持ち込むのか? ということと、日本語バージョンとオリジナルの韓国語バージョンのどちらで歌うのか? という2点だろう。前者の答えは転換中にすぐさま明らかとなり、現在はオマール・ドミニク率いる凄腕集団=The Band Sixがリハーサルで「See U Later」(本編では披露されなかったが)の胸踊るリフを鳴らすと、どこからともなく歌詞をシンガロングする声が聴こえてきた。




©SUMMER SONIC All Copyrights Reserved.

定刻の15時25分になると、スタジアムを震撼させるド迫力のアンサンブルと共に、「Kill This Love」のティザーをマッシュアップしたオープニング映像がスクリーンに映され、圧倒的な存在感を放つJISOO、JENNIE、ROSÉ、LISAの4人がステージ中央に降臨。アリーナからは割れんばかりの大歓声が沸き起こる。1曲目は、もはや彼女たちのライブにおけるスターターとしてお馴染みとなった「DDU-DU DDU-DU」の日本語バージョンで、「BLACKPINK!」のシャウトを合図に繰り広げられる一糸乱れぬダンスと、フューチャーベース&トラップ調の原曲を生音仕様でバージョンアップしたサウンドに、オーディエンスが堰を切ったように踊りまくる。続くスローテンポなムーンバートン「FOREVER YOUNG」は4人がステージに寝そべる振り付けで幕を開け、アラビックかつ妖艶なメロディで場内をひとつにまとめ上げる。ペールトーンを中心としたa-nationでの衣装に対して、サマソニでは全員がコーチェラの舞台を連想させるブラック&ホワイトの衣装を纏っていたことも見逃せない。


MCでは「サマーソニックは初出演なのですが、みなさん楽しんでますか?(JENNIE)」「みなさんこんばんは!(JISOO)」「今日は一緒に楽しく遊びましょう!(ROSÉ)」「サマソニ、WHATs UP~! 今日はいろんな曲を準備したので、私たちと一緒に最後まで盛り上がっていきましょう(LISA)」と、流暢な日本語で挨拶。JISOOの「知っている方は一緒に歌ってください!」の呼びかけと共に始まった「STAY」は、アコギを軸とした原曲とは違った浮遊感のあるシンセや哀愁漂うエレキ・ギターの音色が、センチメンタルな楽曲の魅力を引き立てる。

4曲目の口笛ソング「WHISTLE」はLISAとJENNIEのスワッグなラップが特徴だが、Bメロの《出会いが過ぎ去る》というフレーズをJENNIEが韓国語のまま歌ってしまって苦笑い……なんてキュートなハプニングも。そんなJENNIEが「まだまだ盛り上がれますよね〜? 次は新しいアルバムの曲です!」と告げて最新EP『KILL THIS LOVE』より3つの新曲を立て続けに披露。タイトルトラックの「Kill This Love」では、勇壮なホーンとマーチング・ドラム、見えないショットガンをぶっ放す強烈なキリング・パート、バック・ダンサーを引き連れた圧巻のフォーメーション・ダンス、そして4人のエモーショナルな歌声が大観衆のボルテージをグングンと引き上げていく。




©SUMMER SONIC All Copyrights Reserved.

昨年のコーチェラで最大のハイライトとなった「ビーチェラ」を彷彿とさせる「Kill This Love」だが、筆者は10年前にこのMARINE STAGEで貫禄のヘッドライナーを務めたビヨンセのステージを思い出していた――。サマソニ20年の歴史は、フェスにおける女性アーティストたちの躍進、K-POPを含むアジア圏の音楽シーンの活況、ロックもヒップホップもメタルもEDMもアイドルもお笑いも一挙に楽しめる「カオス」なまでの多様性、それらすべてを先読みしながら我々に提供してきた「挑戦」の20年だったといっても過言ではない。来年はオリンピック・イヤーのため開催休止が決定しているが、ミレニアムの2000年から続いた第一章を締めくくり、次なるフェーズに移行しようとする今年、メイン・ステージでBLACKPINKが数万人のオーディエンスをドッカンドッカンと沸かしている光景は感動的ですらある。しかも、2010年に一足早くサマソニに出演したYGの兄貴分=BIGBANGが活動休止状態の中で、そのBIGBANGを長らくサポートしていたThe Band Sixを引き連れ、彼らでさえ果たせなかったコーチェラ出演などの偉業を成し遂げた前人未到のストーリー。SNSでは、同じく今年コーチェラ・デビューを飾ったPerfumeとのナンセンスな比較が多数見られた時期もあったが、今や両者はユニバーサル・ミュージックを通じたレーベルメイトでもある。そういう意味で、冒頭のあ〜ちゃんの発言は痛快だった。


話を本題に戻そう。『KILL THIS LOVE』からの3曲だけはオリジナル・バージョンのまま歌われたわけだが、やはり全神経をパフォーマンスに注げる分、4人の歌とダンスも水を得た魚のように本領発揮。ROSÉのベルベット・ボイスとJISOOのハイトーン・コーラスが天高く飛翔するEDMソング「Dont Know What To Do 」は、その後ゼッドやザ・チェインスモーカーズへと続くこの日のMARINEの流れに気持ちいいぐらいハマっていたし(ワールド・ツアーのソロ・コーナーでは、JISOOがゼッドの「Clarity」をカバーしていたりもする)、「Kick It」における全員で飛び跳ねつつのサビの大合唱がもたらす一体感/パーティー感は、リトル・ミックスやチャーリーXCXにも迫る大文字の「ポップス」としての強度に舌を巻く。

約40分の持ち時間だったため、バンドのジャム・セッションやJENNIEの「SOLO」、それにデュア・リパとのコラボ楽曲「Kiss and Make Up」がセットリストから外されていたのは残念だったが、4人のメンバーはステージ左右へと散らばって手を振ったり、投げキッスを送ったりしながらファンを魅了した。「ホントに楽しくて、時間があっという間でした!(LISA)」「私たちBLACKPINKは、12月からドーム・ツアーを行います。みなさん、ぜひ来てくださいねー!(JENNIE)」と最後のMCでBLINKとの再会を約束すると、エキゾチックなビートに乗せて獰猛なダンスをぶちかます「BOOMBAYAH」、ハウスやダンスホール・レゲエを融合したアッパーな「AS IF ITS YOUR LAST」を投下し、大観衆がスタジアムを揺らすほどのジャンプを見せる中でフィニッシュ。周囲の一見さんと思しきオーディエンスからは「可愛かった〜」と黄色い声が聞こえたが、YouTubeでの中継も評判だったらしいし、「BLACKPINK 2019-2020 WORLD TOUR IN YOUR AREA in JAPAN」の前哨戦としては申し分ないサマソニ初パフォーマンスだった。これはもう、ドーム全4公演ソールドアウトも夢じゃないだろう。

なお、9月7日には日本国内で3つ目のフェス出演となる「WIRED MUSIC FESTIVAL19」が控え、10月に日本仕様の『KILL THIS LOVE -JP Ver.-』もリリースするBLACKPINK。彼女たちはコーチェラの時と同様に、サマソニの会場でもブロックハンプトンなど他のアーティストのステージを楽しんでいる様子がTwitterで拡散、Instagramではチェインスモーカーズとの2ショットも投稿されていた(JISOOはソウルでディオールのパーティーがあったため欠席)。未だにJENNIE以外のソロ・プロジェクトが待機中なことに世界中のファンがモヤモヤしているようだけれど、2020年には今年の快進撃を超えるサプライズが待っているかもしれない。最後にひとつ予言しておくと、来年はプリマヴェーラやレディングといったヨーロッパ・英国でのフェス出演、あると思います!








©SUMMER SONIC All Copyrights Reserved.

※記事初出時、本文に事実誤認がありました。訂正してお詫びいたします。