山九は8月22日、政府が進める「就職氷河期世代支援プログラム」に賛同し、「就職氷河期世代」の方々を支援する中途採用活動を9月1日より実施すると発表した。

対象は、正社員雇用の機会に恵まれなかった「就職氷河期世代」で、同社に就職を希望する人。

正社員として毎年100 名、3年間で合計300 名の採用枠を設ける。選考にあたっては、採用のミスマッチを未然に防止するため、必要に応じて 2、3日程度の社会人インターンシップを実施する。

政府は、雇用環境が厳しい時期に就職活動を行った、現在、30代半ばから40代半ばの世代を「就職氷河期世代」と定義している。支援対象は、正規雇用を希望していながら不本意に非正規雇用で働く人(少なくとも50万人)、就業を希望しながらさまざまな事情により求職活動をしていない長期無業者、社会とのつながりを作り、社会参加に向けてより丁寧な支援を必要とする人など、100万人程度と見込まれている。

こうした就職氷河期世代について、地域ごとに対象者を把握した上で、具体的な数値目標を立てて、活躍の場が広げられるよう、3年間集中的に取り組むとしている。正規雇用者については、30万人増やすことを目指している。

  • 就職氷河期世代支援プログラム 資料:内閣府