メガネダンスと傘ダンスに注目、乃木坂46最新シングル4期生曲、アンダー曲MVが同時解禁【動画&写真】

9月4日(水)に発売される乃木坂46 24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」のC/W曲として収録される4期生メンバー曲「図書室の君へ」とアンダーメンバー曲「~Do my best~じゃ意味はない」のMVが、本日22日(木)一挙公開された。

「図書室の君へ」は初回仕様限定(CD+Blu-ray)盤Type-BのC/W曲として、「~Do my best~じゃ意味はない」は初回仕様限定(CD+Blu-ray)盤Type-DのC/W曲として収録される楽曲。

「図書室の君へ」のMVは7月中旬に千葉県内のスタジオにて撮影された。メガネというものを知らない女の子たちが、視力が落ち、初めてメガネを掛ける金川紗耶をきっかけに、クラスの間で急にメガネブームがやってくるという内容になっている。

視力検査用の小道具などは全てオリジナルで用意したものらしく、「このメンバーがどうしてこれで視力検査をしているのか?」という答えを探るのも楽しい一面との事。

またダンスに関しては、今回のMV用に“メガネ振り付け”を考え、このMVでしか見られない“メガネダンス”は必見となっている。

乃木坂46では「のような存在」「空扉」「トキトキメキメキ」など多数のMVや個人PVを手掛けている伊藤衆人が監督として指揮を執った所にも注目だ。



「~Do my best~じゃ意味はない」は、7月中旬に東京都内のスタジオにて撮影された。晴・曇・雨・雪などの天候の変化と、人間の気持ちの変化をリンクさせたMVとなっている。

スタジオ内で実際に雨や雪を降らせた事で、フォーメーションの立ち位置によっては濡れるメンバーと濡れないメンバーがおり、現場ではそれぞれが「助からない」「無事だった」など安全確認をしながら撮影していたというエピソードも。

またダンスに関しては、こちらも今回のMV用に傘を使用した“傘ダンス”が見所のひとつとなっている。

23rdシングル「Sing Out!」収録のアンダーメンバー曲「滑走路」のMVを手掛け、今作が2回目となるビジュアルプロダクションmaxillaが当作品を手掛けた。

両作品とも、このMVでしか見られない“オリジナルダンス”に注目したい。