ヒロミと加藤浩次が、8月24日(土)の19時から放送される『炎の体育会TV SP』(TBS系)に出演。芸能界のツートップ射手である彼らが、今年のISSF世界クレー射撃選手権大会(イタリア・ロナト)に日本代表として出場した小島千恵美選手とクレー射撃対決を行う。

同番組は、スポーツの熱さ・激しさ・楽しさをまとめて伝える究極のスポーツバラエティ。“アスリートvs芸人”の真剣勝負に加え、「集中力」「バランス力」「忍耐力」など、スポーツのあらゆる要素を取り入れたゲーム企画が続々と登場する。MCは今田耕司、蛍原徹(雨上がり決死隊)が担当。スタジオには、あき竹城、上田竜也(KAT-TUN)、春日俊彰(オードリー)、勝俣州和、宮川大輔がレギュラー出演する。

小島選手は、元プロスノーボーダーで冬季オリンピック出場を目指していたがケガで断念。その後クレー射撃に挑戦、各大会で上位に食い込み、日本クレー射撃協会の育成強化選手となったという異色の経歴の 持ち主だ。

一方、多忙なスケジュールの合間を縫って特訓を重ねているヒロミは「前回の対決では自分で勝利を決めた。今回も絶対に決めます」と気合十分。「加藤を見守りつつ、最後は自分が決める」と意気込みを見せる。それに対し、加藤は「仕事面でいろいろありまして、クレー射撃もメンタルスポーツなので影響がないか心配(笑)。ヒロミさんに迷惑かけないよう頑張ります!」と不安を口にしたが、これまで国際大会にも出場するなどトップ選手並みに練習や試合出場を重ねてきている。

気温35度の猛暑日に行われた激熱のクレー射撃バトルは、誰一人予想しなかったとんでもない展開に! メンタルが勝敗を分けた!? クレー射撃関係者がどよめいた、その衝撃の展開とは?