映画「アイネクライネナハトムジーク」の完成披露上映会に出席した三浦春馬さん(左)と多部未華子さん

 俳優の三浦春馬さん、女優の多部未華子さんが8月21日、東京都内で行われた映画「アイネクライネナハトムジーク」(今泉力哉監督、9月20日公開)完成披露上映会に出席した。4年に1度、カップル役で共演している三浦さんと多部さん。今回が3回目で、三浦さんは「運命だなあ……」としみじみと語った。

 これまでに、映画「君に届け」(2010年)とドラマ「僕のいた時間」(フジテレビ系、2014年)で恋人を演じており、多部さんは「まるでオリンピックのような関係だよね」と三浦さんに声をかけていたという。三浦さんは「自然体でお芝居もできた」と振り返りつつ、「多部さんは20歳、24歳のときの自分を知っている。今回も多部さんにいい芝居と雰囲気を届けられるかという、いい緊張感もあった」とも話した。

 多部さんは「今回は10年付き合ったカップルの設定だったので安心感がありました。これまで共演したことがムダではなかったと思えることが、撮影中にいっぱいあったのでうれしかった」と信頼を寄せ、「次は4年後に何かご一緒できれば」と次回作に期待した。

 原作は、人気作家・伊坂幸太郎さんの唯一の恋愛小説。偶然の出会いから始まる10年越しのラブストーリーを描いている。内容にかけ、日常の中の“小さな幸せ”について聞かれた多部さんは「いっぱいある。適当に作ったご飯が意外においしかったり、飼っている犬が『おかえり~』みたいな顔で出迎えてくれたり。昨日は運転している車の中で信じられないくらい大きな声で歌った」と明かしていた。

 完成披露上映会には矢本悠馬さん、森絵梨佳さん、恒松祐里さん、萩原利久さん、貫地谷しほりさん、お笑いトリオ「ネプチューン」の原田泰造さん、今泉監督も登壇した。