サマソニ現地レポ あの場にいた人は誇るべき、フォールズが到達した圧倒的すぎる高み

今年3月に二部構成作品の第一弾アルバム『Everything Not Saved Will Be Lost – Part 1』をリリースし、10月に『Part 2』の発表を控えているフォールズ。ちょうどその中間での来日となった今回、東京2日目トリ前のSONIC STAGEに登場となった。

MARINE STAGEのRADWIMPSと時間が丸被りし、BEACH STAGEでは日本でも大人気のスーパーオーガニズムが出演中という厳しい状況だったとはいえ、SONIC STAGEは余りにも寂しい客入り。もちろんフェスという条件である以上は仕方ないのだが、本国イギリスではアリーナ規模のツアーを行い、フェスのヘッドライナーも務めていることを思えば、日本と海外での人気の差にどうしても悔しい思いを抱いてしまう。ただ、あの場に居合わせた人はその体験を大いに自慢していいだろう。フォールズは他の追随を許さないほどの凄まじいライブパフォーマンスで、お世辞にも大入りとは言えないがそこに集ったオーディエンス全員を見事に魅了してみせた。国内外から多くのアクトが集い、熱演を見せている今年のサマーソニックだが、個人的なベストアクトは圧倒的にフォールズだった。

最新作のアートワークを模した樹木が各所に置かれ、バックスクリーンには狛犬のような二対の石像。教会音楽を思わせるサウンドに乗せて、オリエンタルな南国のイメージで飾られたステージにメンバーが登場した後、AIを思わせる女性の無機質な声が「Everything Not Saved Will Be Lost」とつぶやいてライブはスタート。1曲目の「On the Luna」から、それぞれが叩き出す強靭なビートの応酬に心が躍る。


©SUMMER SONIC All Copyrights Reserved.

ヤニス・フィリッパケスが「コンニチハ!」と一言挨拶をした後、間髪を入れずに「Mountain at My Gates」へ。ここでも、グランジ/オルタナを髣髴させるギターリフにもう一本のギターが高音の反復リフを重ね、さらに太いベースが加わりドラムがビートを叩き始め……と、曲が進行するたびに折り重なって複雑なレイヤーを奏でていく一音一音に興奮を抑えきれない。昨年、最初期からのベーシストが脱退し、メンバーチェンジを経験したフォールズだが、その影響は明らかにバンドの実力を一つ上の次元へと押し上げていた。


3曲目にはデビューアルバムから「Olympic Airways」を披露。デビュー当時からライブパフォーマンスには定評があったものの、演奏のダイナミズム、掛け合いのスリリングさ、全てが噛み合って生まれるグルーヴ感と、ありとあらゆる面で目を見張るほどの進化が感じられる。今のフォールズほどに緊張感で張りつめたアンサンブルを叩き出せるバンドは、全世界を見ても数少ないだろう。サポートメンバーも含めた全員の実力が拮抗して鎬を削っていたが、特に出色だったのはドラマーのジャック・ビーヴァン。アグレッシブなプレイでオーディエンスを煽り、圧巻のテクニックでビートを司る姿には、ヤニスに勝るとも劣らないオーラが感じられた。


©SUMMER SONIC All Copyrights Reserved.

今回のライブは、これまでにリリースした5枚のアルバムからほぼ満遍なく選ばれたセットリストとなっていたが、過去の楽曲ほど大幅なアップデートを実感できた。マスロック的と言われたデビュー時から時間をかけてフィジカルを増強してきたフォールズの歴史は、言わば理性と肉体のせめぎ合いの歴史。そのバランスは、今まさに理想的な状態にあるのではないか。音源とは全く別物に変貌を遂げたラストの「Two Steps, Twice」には、彼らが歩んできた10年間の全てが詰まっているように思えた。

気付けばデビューから10年以上が経過し、立派な中堅バンドとなったフォールズ。イギリスのみならず全世界でロックバンドが苦戦を強いられ、解散する同世代バンドも少なくない中で、彼らは着実に前進を続けてきた。情報のスピードが加速する一方の現代において、フォールズの現況は地味で話題性に欠けるように見えるかもしれない。しかし、その実直な研鑽の果てに、彼らは今、とんでもない高みへと到達している。ライブの最後、ヤニスは「すぐ、来年にはまた日本に戻って来る」と話してくれた。その時には、ぜひとも多くの人に彼らのライブの凄まじさを体感してもらいたい。




©SUMMER SONIC All Copyrights Reserved.