「立石だらり呑み」

麦原だいだいによる単行本「立石だらり呑み」が、本日8月20日に発売された。

本作は東京都葛飾区の立石を舞台にしたグルメもの。立石は「センベロ」と呼ばれる格安居酒屋が多いことで知られている。しかし立石の近隣に住む著者は、「ローカルルールがあるに違いない」という先入観などから、立石でお酒を飲んだことはなかった。編集者の希望により立石で飲むことになった麦原は、高いハードルを乗り越え、人気店を巡ってそのディープな魅力を知っていくことになる。なお単行本には、葛飾区出身の高橋陽一がゲストに登場した回も収録されている。