連続ドラマ「TWO WEEKS」第6話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の三浦春馬さんが主演を務める連続ドラマ「TWO WEEKS(トゥーウィークス)」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)。8月20日には第6話「黒幕の正体判明! 証拠映像の中身とは?」が放送される。予告映像には、「ついに反撃開始!」「明かされる黒幕の正体!」「逆襲の作戦とは--!?」というテロップと共に、結城大地(三浦さん)と検事の月島楓(芳根京子さん)が、実業家の柴崎要(高嶋政伸さん)の悪事の証拠を収めたデジカメの映像を確認するシーンなどが収められている。

 柴崎に拘束された結城を助けた楓は、8年前に結城が殺害したとされる被害者の娘だと明かし、結城に検事の自分を信用してほしいと訴える。しかし、楓が柴崎への復讐(ふくしゅう)をもくろんでいると知った結城は、自分がその計画に利用されることを懸念し、信用しようとしない。同じ頃、楓が結城と接触したことを知り、デジカメが検察に渡ることを恐れた柴崎は、ある人物に電話をする。そして、楓は柴崎の行動から警察や検察に内通者がいるのではないかとにらむ。

 翌日、結城が病院にいる青柳すみれ(比嘉愛未さん)の元に現れる。楓から、8年前の事件で結城がした決断が、自分を守るためだったことを聞かされたすみれは、不器用な生き方しかできない結城を責めるが、一方で、その優しさをもう一度信じると決め、デジカメを手に入れるために協力してほしいという結城の頼みを聞き入れる。そこへ、はな(稲垣来泉ちゃん)の様子を心配した刑事の有馬海忠(三浦貴大さん)がやって来て……というストーリー。

 ドラマは、同名の韓国ドラマが原作。殺人未遂の罪で服役し、毎日をただ刹那(せつな)的に過ごす中、殺人のぬれぎぬを着せられ逮捕された結城が、白血病の娘・はなを救おうとする2週間の逃亡劇を描く。