相葉雅紀、宮澤崇史、薬師丸ひろ子

8月24日(土)に『24時間テレビ42』(日本テレビ系)内で放送される嵐・相葉雅紀主演のドラマスペシャル『絆のペダル』がこの度、オールアップ。撮了を祝して、主人公のモデルとなった宮澤崇史本人がスタジオを訪問。雨や酷暑の中、無事に撮影を終えたスタッフ・キャストを労った。

同ドラマは、実在する自転車プロロードレーサー・宮澤崇史(相葉)とその母の絆の実話をもとにした物語。これまで崇史を信じ、支え続けた母・純子役で薬師丸ひろ子、ドラマオリジナルキャラクターで崇史が所蔵する実業団チームのマネージャー・椎名優希役を波瑠、崇史の生涯のライバル・新谷圭吾役を田中圭、そして崇史の中高生時代を、なにわ男子(関西ジャニーズJr.)の高橋恭平が演じる。

相葉と薬師丸はこの日、そろってクランクアップ。ラストカットの撮影が終わりスタジオ中に大きな拍手が沸き起こるなか、演出の猪股隆一から花束を渡された2人は、感想を語った。

薬師丸は撮影を振り返り「とってもいい現場で、気持ち良く演じさせて頂けました。感謝致します。見てくださる方の心に響く作品になったと思います。皆さん本当にお疲れ様でした」と語った。

続いて、相葉は「皆さん本当にお疲れ様でした。宮澤崇史さんという方に出会い、演じさせてもらって、そして(スタッフの)皆さんとご一緒できて、本当に僕の人生の大切な宝物になりました。この役が僕は大好きで、本気で熱くなれる役だったなと思います」と述べ、挫折から諦めることなく夢を追い続けた宮澤の熱い生き様を演じきった自信をうかがわせた。

そして、宮澤は自身の半生を見事に演じきった相葉に敬意を表し「相葉さんが演じられることで僕のことを知らない色々な方に“夢を夢のままで終わらせないで”というメッセージを伝えてもらえて、ありがたいです」と感謝の思いを語った。さらに「僕は“自転車”が自分の人生を決めると思っていたので、目標をひとつずつクリアしながら、ただがむしゃらにやってきました。やり始めたとき賛成してくれたのは自分の母親だけ。凄いことをやろうと思っていたわけでもなく、自分の夢を諦めたくないだけ、でした。誰にでも僕と同じようにチャンスがあると思っています。このドラマを見て、誰に何を言われようとも自分の信じる夢に対して“まずやってみよう“という若者が出てくれたらうれしいです」とドラマの見どころをアピールした。