グラビアアイドルの芦屋芽依が11日、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD『ピュア・スマイル』(発売中 4,104円税込 発売元:竹書房)の発売記念イベントを行った。

DVD『ピュア・スマイル』の発売記念イベントを行った芦屋芽依

同DVDがグラビアデビュー作となる芦屋芽依は、上からB94・W60・H88という日本人離れしたプロポーションにGカップバストというダイナマイトボディーが魅力の19歳。同DVDは、今年3月に初めて訪れたというバリ島で撮影された。バリ島の大自然をバックに、1stDVDから大胆な衣装やセクシーな水着姿となって、Gカップバストを披露している。

初めてのイベント・取材ということで緊張した表情の芦屋。デビュー作について「彼氏とデートしたり、家庭教師をやりました。シーンとしては、洗車をしたりバランスボールを使って身体を動かしたりベッドのシーンやお風呂のシーンがあります。ビーチでのシーンではすごく楽しい感じで撮れました」と紹介した。

ビーチでのシーンは、布の面積が小さい三角ビキニを着用しているが、「グラビアをやる前は水着を着る機会がなかったので恥ずかしかったですね」と照れ笑いを見せ、セクシーなシーンについては「ベッドのシーンでは赤いナイトファッションを着ました。こういう大人っぽい衣装は初めてだったので、自分が着るとは思いませんでした。皆さんから『可愛いね』と言ってくれたのでうれしかったです」と笑顔を見せた。

デビューのきっかけは「もともと原萌々香ちゃんとお友だちで、社長を紹介されて『やらないか?』と勧められてグラビアを始めることになりました」と明かしつつ、「実際にグラビアをやってみたら緊張ばかり。初めてのことばかりで、いつも緊張しながらやっています」と初々しさも。今後の目標については「伊織いおさんが大好きなんです。可愛くてスタイルもいいので、伊織さんのようになりたいですね」とし、「萌々香ちゃんは可愛いしスタイルも良いけど、いつか倒せるように頑張ります!」と友人でもある原にライバル宣言していた。