8月5~10日の朝のワイドショーで最も長時間取り上げられたのは、吉本興業の“お家騒動”で、放送時間は計3時間6分だった。テレビ番組・CM調査分析会社「エム・データ」の調べで明らかになった。

 調査対象は、期間中にNHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日で放送された午前10時半までのワイドショーとニュース番組で、芸能に関連する話題の放送時間を集計した。

 1位の吉本興業関連の話題では、謹慎中の「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんが8月4日、神奈川県茅ケ崎市で行われたイベントで、啓発チラシを配るボランティア活動に参加。吉本興業が8日、「経営アドバイザリー委員会」の初会合を開き、契約方法などが話し合われた。

 2位は、俳優の速水もこみちさんと女優の平山あやさんが8日、結婚を発表したニュースで、放送時間は計25分3秒だった。3位は、ディズニーの人気アニメを実写化した映画「ライオン・キング」(ジョン・ファブロー監督)が9日、公開した話題で、放送時間は計20分32秒だった。

 エム・データは、東京、名古屋、大阪地区のテレビ局で放送された番組やCMを、専門スタッフが見て、テレビ番組やCMをテキスト化、データベース化して「TVメタデータ」を構築している。

 4位以下は次の通り。(敬称略)

4位 「SixTONES」&「Snow Man」・ジャニーズ事務所初の2組同時デビューへ 5位 堀越麗禾・四代目「市川ぼたん」襲名 6位 「King&Prince」平野紫耀・映画「かぐや様は告らせたい」舞台あいさつ 7位 「ROCK IN JAPAN FES 2019」開幕 8位 「サカナクション」山口一郎・庭園プロデュース 9位 菅田将暉・映画「アルキメデスの大戦」ヒット御礼舞台あいさつ 10位 「乃木坂46」白石麻衣・映画「スマホを落としただけなのに」続編ヒロインに