最もパワフルなポルシェ カイエンのPHEV登場│さらなるスポーティさを

ポルシェより、パナメーラシリーズに続いて、カイエンシリーズにおいてもトップエンドとしてプラグインハイブリッドモデルの「カイエンターボSEハイブリッド」と「カイエンターボSEハイブリッドクーペ」が登場した。

4リッター V8エンジン(404kW/550PS)と電気モーター(100kW/)のインテリジェントな相互作用によって発生する500kW(680PS)のシステム出力は、8速ティプトロニックSトランスミッションによって統合される。そして、アイドル回転数をわずかに超えた回転域から900N・mの最大システムトルクを利用することができるように。

どちらのモデルも、制止状態から100km/hまでを3.8秒で加速し、最高速度は295km/hに達する。カイエンターボSE-ハイブリッドとカイエンターボSEハイブリッドクーペは、ゼロエミッションで最大40kmまで走行可能で、平均消費量(NEDC)は、3.9-3.7リッター/100km(燃料)、および19.6-18.7kWh/100km(電力)となっている。 カイエンファミリーの新しいトップエンドモデルは、全てのポルシェプラグインハイブリッドと同様に、まさにハイブリッドパワートレインならではの特長によってプレミアムセグメントで最もスポーティな車の1台となっている。カイエンターボSEハイブリッドモデルは、V8エンジンと8速ティプトロニックSトランスミッションの間に電気モーターが配置されており、2つのモーターがエレクトリッククラッチアクチュエータ(ECA)と呼ばれるハイブリッドモジュール内の分離クラッチを介して相互接続されている。

Eパワードライビングモードにすると、電気モーターのみで最高速度135km/hに達します。他のモードでパワーブーストを追加することも可能。標準装備のスポーツクロノパッケージを介して各モード(ハイブリッドオート、スポーツ、スポーツプラス)を選択することができ、ブーストストラテジーは、スーパースポーツカーの918スパイダーから採用されている。


ラゲッジコンパートメントフロアに設置された14.1kWhの容量のリチウムイオンバッテリーはポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)またはPorsche Connectアプリ(スマートフォンおよびApple Watch用)を介して充電を計画することも可能だ。 全てのカイエンモデルは、LEDヘッドライト、制限速度機能を備えたクルーズコントロールシステム、カメラベースの歩行者保護、フロントとリアのパークアシスト(カイエンクーペはリアビューカメラシステムを含む)を備えます。追加オプションには、LEDマトリックスヘッドライト、ヘッドアップディスプレイ、熱探知カメラ付ナイトアシスト、およびレーンキープアシストが含まれる。


カイエンクーペによって、ポルシェは成功を収めたSUVラインナップにさらにスポーティなバリエーションを追加。クーペのハイライトには、ユニークなルーフとリアセクションを備えたシャープなライン、アダプティブリアスポイラー、2席の個別シートの特徴を備えたリアシートベンチ、および標準装備のパノラミック固定ガラスルーフとオプションのカーボンルーフの2つの異なるルーフデザインが含まれる。

カイエンクーペは、通常のカイエンと同様に4.0リッターV8ツインターボエンジンの組み合わせと、3.0リッターV6ターボエンジンの組み合わせの2つのハイブリッドバージョンが用意されている。

ニューカイエンEハイブリッドクーペのシステム出力は340kW(462PS)で、システムトルクは700N・mです。標準装備のスポーツクロノパッケージとの組み合わせで、静止状態から100km/hまでを5.1秒(ライトウエイトスポーツパッケージは5.0秒)で加速し、最高速度は253km/hに達する。平均消費量(NEDC)は、3.2-3.1リッター/100km(燃料)および18.7-17.7kWh/100km(電気)で、純粋な電気駆動のみによる航続距離は最大43kmとなっている。