動物好きな人、ペット業界で働きたい人に人気のお仕事「トリマー」。お仕事の内容は、かわいく動物をカットするというだけではないようです。ペットサロンフレンド 市川店の鈴木沙歩さんと越後喜子さんに、トリマーのお仕事内容や魅力、トリマーを目指したい人へのアドバイスなどを伺いました。

■トリミングを行いながら、ペットの健康面もチェック!

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。

鈴木:シャンプーやカット、爪切りなどのトリミング業務がメインですが、このサロンはペットホテルも併設しているので、滞在中のペットのお世話もあります。また、車での送迎サービスも行っています。

越後:トリミングをしながら、健康チェックもしているんですよ。皮膚の状態を確認したり、耳掃除をしながら耳の中をチェックしたり。「おかしいな」と感じたら、飼い主様に提携の動物病院を紹介しています。実は、獣医師よりもトリマーのほうがペットの体に触れる機会が多いので、体のちょっとした異変に気付きやすいんです。

トリミングサロンでの指摘をきっかけに、病気が見つかり治療をされるケースは少なくありません。だから、定期的にトリミングに来ていただくことはすごく大切です。トリマーはペットの美容師というだけではなく、健康面の定期チェックという役割も大きいからこそ、ペットの体や病気についての知識も身に付けておくといいと思っています。

<一日のスケジュール>
08:30 出勤後、掃除やレジ開けを行う
09:00 開店。送迎、受付、トリミングを開始
13:00 休憩
14:00 トリミングを再開
17:30 閉店。掃除やレジ閉めを行う
18:00 帰宅

Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

鈴木:私は元々犬が大好きなので、日常的に犬と触れあえることです。犬が安心して身を任せてくれているな、意思疎通ができているなと感じられたときは「この仕事を選んで良かった!」と思います。
それから、飼い主様に「ここに来るとうちの子喜ぶのよね」「かわいいカットになった」と仰っていただくとうれしいですし、やりがいを感じます。

越後:かわいくカットできたことにより飼い主様にご満足いただいて、次のご予約もいただけたときです。「かわいい」の価値観は人それぞれ異なるものですが、飼い主様のご要望を理解してカットして、出来上がりを見ていただいたときに「あなたのカットすごく好きだわ」と仰っていただくと、本当にうれしいですね。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?
 
鈴木:飼い主様とのコミュニケーションは、仕事を始める前に想像していたよりも難しいものだと感じています。施術前はご希望をお伺いしながら仕上がりのイメージを共有して、施術後はカット内容や今後のケアについてのご説明をします。説明が不十分だと「希望していたカットと違う」「ケアが大変」と飼い主様をがっかりさせてしまったり、クレームにつながったりしてしまいます。接客の大切さを知らずにトリマーになった人は、仕事に対して描いていたイメージと現実とのギャップに驚き、辞めてしまうケースも多いんです。

越後:もちろん、技術面も常に勉強を続けていく必要があるので大変ですが、やはり接客面はとても重要です。学生のうちからいろいろな人と接してコミュニケーション力を磨いておくと、トリマーになったときに必ず役立ちます。アルバイトなどで接客業を経験してみるのも、いい勉強になると思いますよ。

■小さなころから犬が大好き! ペットと触れあえる仕事がしたい

Q4. どのようなきっかけ・経緯でこの仕事に就きましたか?

越後:私も鈴木も、小さな頃から動物が大好きだったんです。自分が本当に好きだと思えることを仕事にしたかったので、ペットの専門学校に進学してトリマーになりました。毎日、かわいいペットと触れあえて、うれしいです!

Q5. 専門学校では何を学びましたか?
 
越後:私の場合、実は専門学校ではトリミングコースではなく看護コースを専攻して、医学的な知識を中心に学んでいました。勉強している途中で、トリマーの仕事にとても惹かれたので、卒業後に動物看護師ではなくトリマーの道に進みました。きれいにシャンプーされて、かわいくカットされて、犬も飼い主様も喜んでいるのを見るのがうれしいんです。

個人的には、トリマーになりたい人にはトリミングコース・看護コースどちらも備えた専門学校に進学することをおすすめします。そのような学校ではトリミングコースの授業にも看護の要素が入ってくるので、現場で必要になる基礎知識や技術をバランス良く学べると思います。

鈴木:私は、トリミングコースを専攻してトリミングの基礎技術と看護知識を学びました。専門学校で学んだことはもちろん役立ちますが、実際働いてみると、技術や知識がもっと必要になると実感しました。例えば、学校で3時間かけて行っていたトリミングも、現場では1時間で仕上げる必要があります。知識も技術も現場でさらに勉強していくことが大切です。


Q6. 高校生のときの経験が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

鈴木:高校時代は接客業のアルバイトをしていたので、そのときの経験が今の接客に役立っています。

越後:私は高校生のとき水泳部に所属していたのですが、水泳部とトリマーの仕事はすごく似ているな、つながっているなと感じています。というのも、どちらも個人戦でありながらチーム戦でもあるんです。個人で技術を磨くことも、チーム全体で結果を出していくことも必要です。一人ひとりが自分の力を最大限に発揮しつつ、仲間とフォローしあい協力しあうことが大切と思っています。そういった意味で、水泳部での経験が生きていると感じます。

■向上心とコミュニケーションで、犬にも人にも信頼されるトリマーに

Q7. どういう人がトリマーの仕事に向いていると思いますか?
 
鈴木:気持ちの強い人かもしれません。すぐに諦めず、向上心のある人です。専門学校で学んでいたときのイメージと実際の現場とのギャップが少なくない仕事だからこそ、ポジティブな姿勢で成長し続けていける人が向いていると思います。

越後:犬が好きというだけではなく、人と接するのが好きであることも大切です。あとは、自分の仕事に誇りを持ってとことん向きあえる人や、目先の事だけにとらわれず全体を見ることができる人も向いていると思います。トリマーとして、犬にも飼い主様にも信頼してもらえるのだと思います。

 
Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。
 
鈴木:もし部活をやっているのであれば、ぜひ3年間続けてほしいと思います。また、「自分は何もしていないな」と思う人はまず何かを始めてみて、それを最後までやりきってほしいですね。最大限やりきったと思えるまで頑張った経験は、将来必ず役に立ちます。

越後:トリマーを目指している人は、トリマーになることを目標にするのではなく「トリマーになった後に何をしたいのか、どうなりたいのか」を考えてゴールを設定してみてください。
そのゴールがあれば、実際に働き始めた後も頑張れます。働き始めてからが、本当の勝負です。目の前のことばかり見てしまいがちですが、大切なのは最終的にどこへ着地したいかです。学生時代からこのような考え方を癖づけておくと、きっと役立ちますよ。
 


かわいいペットと毎日触れあいながら、仕事をするトリマー。サロンを訪れたペットをかわいくカットするだけでなく、ペットの健康を考えながら、飼い主の要望にも耳を傾け、取り入れる必要があります。それには、常に技術や知識を取り入れ、飼い主と適切なコミュニケーションをとれることが大切です。将来、自分はどのようなトリマーになりたいのかを考えるきっかけにしてみてください。
 
 
【profile】ペットサロンフレンド 市川店 鈴木沙歩、越後喜子