【卓上扇風機のおすすめ7選】家電コンシェルジュが解説|オフィスでも自宅でも

【この記事のエキスパート】

モノレビュアー・家電コンシェルジュ:松本 レイナ

モノレビュアー・家電コンシェルジュ:松本 レイナ

カルチャー誌や家電誌、モノ系雑誌にてライター・リサーチャーとして活躍。
大ヒットとなった家電のプロモーションや、ガジェット探しなど、仕事内容は多岐にわたる。
一般的な家電から、ちょっとマニアックなものまで「イイモノはとにかく買って試す!」がモットー。
現在子育て中で、キッズガジェットや知育玩具、花火などレジャーグッズは子どもと一緒に愉しんでレビューしています。


自宅で勉強するときや、オフィスで仕事をするとき、キッチンでの調理中など、さまざまな場面で便利に使える「卓上扇風機」。大きさや機能が異なるさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、家電コンシェルジュの松本レイナさんに、卓上扇風機の選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

卓上扇風機の選び方|家電コンシェルジュに聞きました

家電コンシェルジュの松本レイナさんに、卓上扇風機を選ぶときのポイントを教えてもらいました。優れた卓上扇風機を選ぶ際には、どのような点に注目するとよいのでしょうか?

卓上でも使える省スペースなサイズを選ぶ

【エキスパートのコメント】

床に置いて使用するリビングファンや扇風機と比べ、デスクやテーブルのうえで使用する卓上扇風機は、置けるスペースに限りがあります。パーソナルな使い方であれば、本体の大きさにさほどこだわる必要はありませんので、コンパクトなものを選ぶとよいでしょう。

クリップでテーブルの縁(ふち)にはさんで固定するタイプのものであれば、土台部分のスペースが省略でき、よりテーブルが広く使えますよ。

YAMAZEN『卓上&クリップ扇(YDS-CA186)』:

出典:Amazon

卓上にもクリップにもできる便利な小型扇風機。カラーは3色展開で、職場使いやエアコンの設置が少ないトイレやキッチンなどでも活躍してくれます。

仕事、家庭それぞれに馴染むデザインを選ぶ

【エキスパートのコメント】

職場のデスクとお家のリビング、使用場所によりイメージする卓上扇風機の置き場所は異なります。それと同じく、空間で求められるデザイン性も変わってくるのではないでしょうか。

シンプルさを追求した商品、スタイリッシュな印象を持つ商品、スリムさを売りにした商品、ミニマルなモノなど、いろいろと販売されています。自宅用であればコスパ優先、職場であれば悪目立ちしないシンプルなものがおすすめです。

涼しさを得るために必要な風量をチェック

【エキスパートのコメント】

しっかりと涼しさを感じるには、それなりの風量が必要になります。低価格で小さい商品を選ぶと失敗しがちなのが卓上扇風機。

売られている商品のなかには、本体サイズが小さすぎて「そよそよ風」しか感じられない商品も存在します。卓上扇風機と自分の位置の距離が遠い場合は中型以上のモデルやパワーが売りになっているモデルを、近距離であれば小型モデルでも可と考えておくといいでしょう。

dyson『Dyson Pure Cool me パーソナル空気清浄ファン(BP01WS)』:

出典:Amazon

風量が10段階で調節できます。こちらの商品は、なんと空気清浄機の機能も!

バッテリー内蔵タイプやハンディファンも検討を

【エキスパートのコメント】

卓上で使える扇風機には、電源に接続して使用する一般的なスタンドタイプのほか、バッテリー内蔵で電源不要な持ち運びタイプ、ハンディタイプなどがあります。

卓上をできる限りすっきりさせたい人は、コードが目立たないものやバッテリー内蔵のものを。複数カ所で移動して使いたい場合にはハンディタイプを選ぶなど、使用シーンを想定して選ぶとよいでしょう。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)