【グラノーラ研究家に聞く!】おすすめのドライフルーツ8選|おいしく栄養をとる

【この記事のエキスパート】

グラノーラ研究家:梶原 はるき

グラノーラ研究家:梶原 はるき

平成27年4月~祖父の診療所跡地にFUTABA BAKERYをオープン。

パンの試食により1か月に6kg太ったのを、グラノーラによってバランスの良い食事に改善、体重減少した経験と代々町医者の娘ということもあり「食で健康を届けたい」とグラノーラ製造と研究をスタート。

日本初のグラノーラ研究家として、毎日飽きずに美味しく続けられ、朝ごはんだけではなく無限の可能性を秘めたグラノーラの研究・開発・メニュー提案を行っている。


生の果物よりも栄養価が高く、手軽に食べられるドライフルーツ。ダイエット中の食べ物のひとつとして取り入れている人もいる食材です。果物の種類や製法の違い、添加物の有無やオーガニックかどうかなど、気にするポイントもたくさんあるため、どれを選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。この記事では、グラノーラ研究家である梶原はるきさんへの取材をもとに、ドライフルーツの選び方とおすすめ商品をご紹介いたします! ECサイトの人気ランキングも参考にしてください。

ドライフルーツの選び方|グラノーラ研究家に聞いた!

グラノーラ研究家である梶原はるきさんに、ドライフルーツを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

それぞれのドライフルーツの得意分野を知って選ぶ

【エキスパートのコメント】

果物は、ビタミンやミネラル、食物繊維の豊富な食材です。ドライフルーツは生の果物より体積が小さく栄養も濃縮されていますし、皮までまるごと食べることができ、手軽に栄養を摂ることができます。

生の果物と異なり、水分をとばしたドライフルーツは体を冷やしにくいので、冷えが気になる方にもおすすめです。お好きなフルーツを選ぶのはもちろんですが、それぞれの食材の得意分野を知って生活に取り入れることで、より健康的に。今まで食べたことのないドライフルーツの魅力もぜひ発見してみてください。

アリサン『有機レーズン』:

出典:Amazon

ポリフェノールを多く含むレーズン。男性にも女性にもおすすめしたいドライフルーツです!

カロリーが気になるなら製法をチェック!

【エキスパートのコメント】

ドライフルーツの製法は、天日や熱風で乾燥させたもの、フリーズドライ、砂糖を加えたものや揚げたものなどがあります。乾燥の度合いも、保存性を高めるために水分を飛ばしたドライタイプや、ある程度水分を残したセミドライタイプも。

ドライタイプは噛みごたえのあるものが多く咀しゃくができて満腹度もUPします。セミドライのやわらかいタイプはジューシーさが味わえてドライフルーツが苦手な方も取り入れやすいかも。好みもありますが、健康面やカロリーが気になる場合は砂糖を加えていないものやオイルを使っていないものを選びましょう。フルーツそのものの甘みも楽しめます。

無添加・オーガニックを選ぶ

【エキスパートのコメント】

ドライフルーツの製造過程で、漂白剤や保存料、酸化防止剤、着色料、甘味料などが使用されているものがあります。また、果実どうしがくっつきにくいようにとオイルコーティングされたものも。

素材そのものの味を楽しみたい方は、なるべく無添加のものを選ぶとよいですね。食品表示欄の原材料名にその果物のみが記載してあるものを選びましょう。皮ごと食べるものが多いため、オーガニックを取り入れるとよりよいです。国産のドライフルーツも増えているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ナチュラルキッチン『オーガニック レーズンミックス』:

出典:楽天市場

5種類ものオーガニック・レーズンが混合されているので、豊かな味わいが特徴。通常のぶどうよりも栄養分が凝縮されていて、そのまま食べても、お菓子づくりにも使えます。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)