【助産師が選んだ!】安心して寝かしつけられるベビーバウンサーのおすすめ5選|+便利な商品2選

【この記事のエキスパート】

助産師:浅井 貴子

助産師:浅井 貴子

大学病院、未熟児センター勤務後、自身の結婚、出産後地域に出て年間250~300件の赤ちゃん訪問を行いながら健診業務や母親学級などを行う。

アロマセラピストの知識を生かしながら母と子のナチュラルケアブランドAMOMAの商品開発、WELEDAのプレママセミナーなどを行う。

妊娠中~乳幼児の育児相談が得意。世田谷区立産後ケアセンターでボディーケアの責任者。


赤ちゃんを寝かしつけたいときや、料理中などで赤ちゃんを抱っこできないときに、赤ちゃんをちょっと寝かせておけるのがベビーバウンサー(ゆりかご)。

ママやパパが安心して赤ちゃんを寝かせておける、また赤ちゃんにとっても安心して過ごせるベビーバウンサーを選ぶためにはクッション性やリクライニング機能、どの程度固定できるのかなど、考えることがたくさんあり、選ぶことでもひと苦労です。

この記事では、助産師の浅井貴子さんへの取材をもとに、選ぶときのポイントやおすすめのベビーバウンサーをご紹介します。あわせて紹介している洗える、食事時にも使えるなど便利な商品、通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

ベビーバウンサーの選び方|助産師に聞きました

助産師の浅井貴子さんに、ベビーバウンサーを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

使用できる月齢や体重を確認

【エキスパートのコメント】

食事椅子と兼用するかも考慮して選択しましょう

バウンサーは赤ちゃんを少し寝かせておくイメージが強い育児グッズで、コンパクトサイズのイメージがあります。

対象月齢の多くは新生児からというものがほとんどですが、何歳まで使えるかはメーカーによって違います。1歳(9kg)までのバウンサーは「STOKKE(ストッケ)」のステップスバウンサー、「野中製作所」のバウンシーベビーがあります。

2歳(13kg)まで使えるのは「BABY BJORN(ベビービョルン)」、「Richell(リッチェル)」になり、3歳以上(15kg以上)も使えるバウンサーは「KATOJI(カトージ)」、「farska(ファルスカ)」のような椅子にも応用がきくものがあります。

長く使いたいか、食事の椅子は別にあるかなども視野に入れて選択しましょう。

STOKKE(ストッケ)『ステップスバウンサー』:

出典:Amazon

「STOKKE」のベビーバウンサーは、新生児から使うことができます。別売りのステップスチェアーと組み合わせれば、ハイチェアとしても使用可能です。

持ち運びをするなら、コンパクトなタイプが便利

【エキスパートのコメント】

軽量で折りたたみできるタイプなら外出時にも

バウンサーとひと口に言っても、重さや二つに折りたためるものか、床に据え置きするタイプなのかなどさまざまなタイプがあります。

軽いバウンサーは、2.1kgの「BABY BJORN(ベビービョルン)」や2.2kgの「Richell(リッチェル)」。外出時や旅行などに一緒に持っていくときには重宝しそうです。

また、ママやパパの入浴時、赤ちゃんの様子が見える脱衣所などに一時的置いて待たせておくために、バウンサーを購入する人が多いようです。そのような使い方をしたい人は、洗面所などの狭い場所でもコンパクトなものなら、スペース的にも問題ないでしょう。

※ベビーバウンサーは、赤ちゃんの様子が確認できる場所で使用しましょう。取扱説明書で安全に関する事項の確認を必ずしてください。

BABY BJORN(ベビービョルン)『バウンサーバランスソフトAir(メッシュタイプ)』:

出典:Amazon

軽量なので、帰省や旅行、ちょっとした外出にも便利! 汗っかきの赤ちゃんにうれしいメッシュタイプです。

ベルトの着脱がしやすいかどうか

【エキスパートのコメント】

着脱のしやすさと安全面のバランスを考える

椅子式や折りたたみのできるものは、お腹にバックルがあるタイプのものが多いので、着脱が便利です。

また、新生児から使えて、電動タイプのように揺れるバウンサーは、肩からチャイルドシートのような3点式のシートベルトが付いており、安全面ではしっかりしていますが着脱に時間がかかります。

家事の合間に少しだけ座らせておきたい方はお腹の固定式、寝かしつけや長めの時間あやすのに使いたい方は3点式というように、選んでみてもいいでしょう。

コスパはどうか?

【エキスパートのコメント】

セット内容など含め、総合的なコスパに注目

バウンサーはペットを飼っている人や、日中にセカンドベッドとして購入する人が多いようです。

「KATOJI(カトージ)」や「Richell(リッチェル)」などは、バウンサーに取り付けるおもちゃもセットになった5,000円~6,000円代の商品や、テーブルが付いて1万円代の商品もあります。

産まれる子どもが2人目、3人目などで、なるべくリーズナブルな価格のものを選びたいという方は、コスパも購入するポイントになりますね。

Richell(リッチェル)『バウンシングシート おもちゃ付きR』:

出典:Amazon

おもちゃがも3つ付いて、うれしいお手ごろ価格。コスパがよい商品を探している人におすすめ!

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)